全米最強の予言者ジョセフ・ティテル「2021年これから起こること」に恐怖!! 日本に直接言及、5月17日に何かが… “彼ら”の計画とは!?

全米最強の予言者ジョセフ・ティテル「2021年これから起こること」に恐怖!! 日本に直接言及、5月17日に何かが… 彼らの計画とは!?の画像1
ジョセフ・ティテル氏 画像は「YouTube」より引用

 米国の著名なサイキックであるジョセフ・ティテル氏は、2011年に東日本大震災の津波を予言したことで日本でも一躍知られる存在となった。毎年元日には恒例の年間予言をYouTube上で発表するが、これまで東日本大震災のほかパキスタン地震島の浮上(2013年)、熊本地震(2016年)、ラスベガス乱射事件(2017年)、コロナ禍(2019~)など数多くの予言を的中させてきた。2021年の予言は全3回に分けて発表されたが、ここでは1月に公開された第1弾の続編として、やや時間を置いて発表された第2弾と第3弾の中から重要な予言を紹介する。

■2021年発表、すでに的中した予言

 過去2年間の予言のうち、すでに的中したものについては1月の記事で紹介した。ここでは、2021年の第1弾の予言の中から、すでに対応する出来事が起きた例を挙げる。

【予言(17:35)】
 6~12機の軍用機が撃ち落とされるのが見える。これは民間の飛行機が軍のミサイルで撃墜されるということか。山の水辺のある地域で大きな飛行機が墜落するのも見えるが、これも同様のようだ。

【結果】
 2月27日にサウジアラビアの首都リヤド上空でミサイル攻撃があり、同国の治安部隊が撃墜した。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行声明を発表。その後、4月15日には同国南部ジザンの複数の標的がドローンやミサイルで攻撃され、一部で火災が発生したが、これもフーシ派による犯行だった

【予言(1:19:03)】
 昨年から感じていたが、ジャスティン・ビーバーにとって今年の3月1日の誕生日以降、何か悲しい出来事があり、27クラブ(※)に加わるかもしれない。27歳で亡くなるのかもしれない。今年は彼は成功するか、完全にダメになるかのどちらかだ。

※ 筆者注:薬物乱用、アルコール依存症、殺人、自殺、交通事故など、27歳で死亡するミュージシャン、アーティスト、俳優などは多く、都市伝説的に「27クラブ」と呼ばれる。

【結果】
 フランスのダンスデュオ「ジャスティス」は、ジャスティン・ビーバーの3月19日発売の新作アルバム『ジャスティス』のフォントが自分たちのデザインに酷似していると主張し、「盗作」と提訴した。たしかにジャスティンにとっては「悲しい出来事」だろうが、「27歳で亡くなる」という予言が的中するよりは良かったはずだ。

【予言(1:28:19)】
 偽のイベントで、ニューヨークの高層ビルのような大きなビルが爆破されるのが見える。フェンスに囲まれた大きなパワーグリッド送電網の横に停めた車が見える。町全体に電気を送るような大きな送電網だ。電車の線路と、電車が走っているのも見える。

【結果】
 3月9日、中国北部の河北省石家荘にある26階建ての高層ビルで、火災が発生した。だが、爆破されたものではないようだ。

■2021年の予言、戦慄の第2弾

 では、いよいよ今年の予言の後半部分だが、2021年は主要な3本の動画以外にも、気象関連のアップデートなど数多くのサブ動画が公開されている。ここではその中でも、日本と世界にまつわる主要な予言を紹介する。まずは、第2弾の予言を詳しく見てみよう。

【予言(21:47)】
 UFOや異星人に関する情報開示がありそうだ。ロシアのプーチン大統領が衝撃的な情報を公開する。北京・モスクワ・中東・イスラエル、他のヨーロッパなどの大都市では、上空にホログラムによって偽のUFOなどの映像が流される。今年は世界中で人々が空を見て過ごすようになる。

【予言(48:05)】
 闇の勢力が、彼らが倒そうとしている地域で3つの大地震を引き起こすが、規模はM8.1~8.3くらいのようだ。スピリットは私に示さなかったが、3つの大きな地震は連続して起こる可能性がある。そのうち2つはイルミナティが気象操作を行い発生させるが、彼らはそれほど大きな地震になることは期待していない。

全米最強の予言者ジョセフ・ティテル「2021年これから起こること」に恐怖!! 日本に直接言及、5月17日に何かが… 彼らの計画とは!?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

※ 筆者注:今年すでに発生した地震で、対応するかもしれないものとしては、以下の地震がある。M8.1~8.3という指定の範囲内に該当するものは1つだけだが、たしかに短い期間で連続的に発生した地震となった。

2021/02/10:ロイヤルティ諸島、M7.7
2021/02/13:福島県沖、M7.3、最大震度6強
2021/03/04:ケルマデック諸島、M8.1

【予言(49:12)】
 7月下旬~8月上旬まで、死者が出る記録的な暑さの年になるので、エアコンの準備が必要だ。そのために大規模な停電が起こり、暑さで死亡率も上昇する。米国、ヨーロッパ、オーストラリアで、特に大規模な火山噴火もあり、セントヘレンズ山(米ワシントン州)を思わせる大規模な噴火だ。また、何かが起きそうな“気になる日付”としては、1月21日、2月21~22日、4月10日、4月22日、5月17日、10月7日がある。

全米最強の予言者ジョセフ・ティテル「2021年これから起こること」に恐怖!! 日本に直接言及、5月17日に何かが… “彼ら”の計画とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル