【悲報】ハゲている男性はコロナで重症化のリスクが2倍という衝撃…“入口”が大きいから?

画像は「getty images」より

 新型コロナウイルスについて日々新たな事実が明らかになっているが、今またひとつこのウイルスの恐ろしい性質が突き止められた。なんと、ハゲている男性はフサフサの男性に比べて重症化のリスクが2倍になるというのだ。

 英紙「The Sun」(5月6日付)によると、Applied Biology社(カリフォルニア州アーバイン)のチーフ・メディカル・オフィサーであるアンディ・ゴーレン博士らの研究では、アンドロゲンへの感受性を示すレセプター遺伝子CAGの数値をもとに、新型コロナウイルス感染症で入院した65人の男性を調査したという。その結果、CAGの値が高い人は、平均して47日間の入院を余儀なくされ、70.6%がICUに入ったが、一方で、CAGの値が低かった人は、平均25日間の入院で、ICUに入ったのは45.2%だった。CAGの値が高い男性は、そうでない男性に比べて約2倍の入院期間を要したわけだ。

 女性に比べて男性の死亡者や重症者が多い理由もこのことから説明できるという。ただアンドロゲンの影響で脱毛の徴候がある女性の場合、男性と同じく重症化のリスクが高まるとのことだ。

画像は「getty images」より

 米・ブラウン大学のカルロス・ワンビア教授によると、アンドロゲンや男性ホルモンは「ウイルスが細胞に侵入するための入り口」だという。その証拠にイタリアで行われた先行研究では、前立腺がんの治療としてアンドロゲン遮断療法を受けている男性は、他の治療を受けている男性に比べてコロナウイルスに感染する確率が4分の1になることも分かっているそうだ。

 つまるところ、「ハゲは重症度の完璧な予測因子」(ワンビア教授)なのである。4都府県に発令されている緊急事態宣言が今日にも延長される見通しだが、薄毛が気になっている男性は特に不要不急の外出を控えて、感染対策に気をつけた方が良いかもしれない。

参考:「The Sun」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【悲報】ハゲている男性はコロナで重症化のリスクが2倍という衝撃…“入口”が大きいから?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル