【アナンド予言】6月20日に未曾有の大厄災、9月10月に新型コロナ爆発!? 2021年は最悪の年「自然に回帰せよ…」復活の日も判明!?

 インド人の少年占星術師アビギャ・アナンドくんは、新型コロナウイルスの出現を予言したことで一躍世界的な注目を集めるようになった人物だ。YouTubeで配信されている動画はいずれも数万〜数十万回再生されており、多くの人々がその言葉に耳を傾けている。

 さて、アナンドくんの最新予言によると、今年6月に未曾有の大厄災が起こる可能性があるという。一体何が起きるというのか? トカナでもお馴染み、予言研究家の白神じゅりこ氏によるアナンドくん最新予言解説記事を以下に再掲する。

(編集部)

———————–

――予言研究家・白神じゅりこが寄稿!

 新型コロナウイルスの出現を予言的中させたことで一躍有名となった、インド人占星術師アビギャ・アナンドくん。筆者はアナンドくんの予言にいち早く注目し、これまでもトカナでご紹介してきた。

※筆者の過去記事:【アナンドくん予言完全的中】福島・宮城でM7.3震度6強!1週間以内に巨大地震? 首都直下も…3月31日まで厄災は続く!

 アナンドくんは2021年2月10日頃に未曾有の大厄災が起こると予言していた。昨年の12月20日から始まった不吉な木星と土星の大接近に加えて、2月10日に太陽系の惑星直列が起きるからだという。惑星直列は占星術的にとても不吉なサインであり、地震などの厄災をもたらすとされている。

 そして2月10日午後10時20分ころ、アナンドくんの予言通り、南太平洋のローヤリティー諸島南東方震源でM7.7の巨大地震が発生。さらに日本でも2日後の2月13日に、宮城県・福島県で最大震度6強の巨大地震が発生。アナンドくんは、見事に予言的中させたのだ!

 ウイルス発生から地震まで予言的中させてきたアナンドくんが、このほど新たな予言を自身のYouTubeチャンネルで発表した。本記事では、4月25日公開の動画を基に、アナンドくんの最新予言を予言研究家の白神じゅりこがお伝えしようと思う。

◆2021年は、最悪な年になる!?

 アナンドくんは「2021年は、2020年よりももっと悪くなる可能性がある」と警告している。

 現在インドでは、新型コロナウイルスの変異株が猛威を奮っているが、これには2つの原因があるとアナンドくんは語っている。1つ目は、ワクチンや薬を使って感染を抑えようとしていたことだという。

 インドではこの1月からワクチン接種が始まった。だが、アナンドくんによれば自然の摂理に反することをすればするほど、状況は困難になるということだ。事実、製薬会社に多額の投資をし、ワクチン接種をいち早く推進したアメリカでも、新型コロナによる死者数が累計50万人を超えている。

 一方で、インド人や中国人の死亡率が低いのは、中国では伝統的な中国医学を、インドではインドではアーユルヴェーダを用いているからなのだという。アナンドくんによれば、アーユルヴェーダは免疫力を高め、体を強くすることにとても効果があるということだ。アーユルヴェーダの薬を取り込むのではなく、朝早く起きて太陽礼拝をするというように、ライフスタイルに取り込むことが大事なのだという。

 アナンドくんが指摘する2つ目の原因は、惑星の影響である。

 インド占星術においては、山羊座に惑星が接近すると不吉であるらしい。また、2020年12月20から21日に木星と土星が400年ぶりに山羊座でぴったり重なるグレートコンジャンクションが起きた。普通は20年に一度なのだが、これだけの大きなコンジャンクションはこの先、何百年にも渡って未来に影響を及ぼすとアナンドくんは語る。

 昨年のグレートコンジャンクションと、2021年2月中旬に山羊座で起きた6つの惑星が太陽に向かって一直線に並ぶ「惑星パレード」が悪い影響を及ぼし、2月10日から15日の間にインドで第2波が猛威を奮い出したのだという。

【アナンド予言】6月20日に未曾有の大厄災、9月10月に新型コロナ爆発!? 2021年は最悪の年「自然に回帰せよ…」復活の日も判明!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル