ニューメキシコの地下施設で宇宙人が“多脚の人間ハイブリッド”をブリーディングしている!? 身長210センチの巨人も…

 この地球上にエイリアンの拠点は存在するのか――。一説によれば、それは米ニューメキシコ州ダルシーの地下にあるという。

■ダルシーの地下基地でエイリアンのハイブリッド実験が行われている

 アメリカ・ニューメキシコ州の砂漠にあるダルシー基地は、“グレイ”と呼ばれるエイリアンが海兵隊特殊部隊「デルタフォース」との戦闘に勝利した後、地下施設を占拠したと主張する“陰謀論”が噂される疑惑の地だ。

 一部の専門家によれば、ダルシーの地下施設には不気味な地球外生命体のハイブリッドの作成など、野心的な実験を行うエイリアンがいるという。

 故ミルトン・ウィリアム・クーパー氏は、1990年の著書「The Ultimate Deception(究極の欺瞞)」の中で、この砂漠の神秘的な基地はエイリアンによって運営されていると記している。

「Daily Star」の記事より


「デルタフォース」が基地を奪還しようと試みたところ、「グレイ」として知られるエイリアンとの間で激しい戦闘が勃発し、66人の兵士が犠牲となり米軍の作戦は失敗に終わったという。

 またクーパー氏は、迷路のような基地の地下深くの階には、二度と解放されることのない人間の“アブタクティー”たちが身柄を拘束され、新たなハイブリッド生物を作り出すため実験素材となっていると説明。この基地で働いていた男性からの証言も入手したと主張している。

■基地に勤務した男が暴露
「悪夢ホール」でのハイブリッド実験

 男性によれば地下基地は高速シャトルシステムで接続されたトンネルが何マイルも続き、その先の地中には巨大な地下施設があるという。少なくとも地下7階まであり、その中でも地下6階は「悪夢ホール」として知られ、この階全体がグレイによるハイブリッド実験に使われているということだ。

 男性はグレイの呪文によるマインドコントロール状態で奴隷として施設内で働かされていたということだが、時折、マインドコントロールの呪縛が緩むことがあったという。そうした時には周囲の状況をある程度詳しく観察することができたのだ。

 マインドコントロールが緩んだ時に男性が見たものの中には、足が何本も生えている人間とタコとのハイブリッド生物や、爬虫類と人間のハイブリッド生物、人間のもののような手が生えていて赤ちゃんのように泣いていた毛むくじゃらの生物などがいたという。またケージの中には人間と爬虫類の混血生物が数多く収容されていたという。

 さらに別の区画では翼のある生物や、身長210センチ以上ある巨人、半分人間で半分鳥のような生物の存在も確認したという。

 そしてこの階の下(7階)には冷凍睡眠状態の人間のアブダクティーがずらりと並べられて保管されていたという。もちろん彼らは二度と地上に帰されることはない。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

ニューメキシコの地下施設で宇宙人が“多脚の人間ハイブリッド”をブリーディングしている!? 身長210センチの巨人も…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル