ウィキペディア創設者が猛烈批判「ウィキを信じるな、左翼に書き換えられたフェイクだ」! “情報操作”の実態と手口を暴露!

 ウィキペディアは、世界で最も使われているトップ10サイトの1つである。世界中で何億人もの人が、毎日ウィキペディアのページを訪問している。しかしそこに書かれている内容は、全て真実だと信用していいのだろうか?

■ウィキペディアの信頼性

 ウィキペディアは、自らを「ボランティアの共同作業によって執筆される、中立的で広告に頼らない、寄付によって運営されている多言語インターネット百科事典」と称している。

 2001年、ニュースサイトの「Unherd.com」が、ジミー・ウェールズと共同でウィキペディアを設立したラリー・サンガーにウィキペディアの信頼性について尋ねた。

ウィキペディア創設者が猛烈批判「ウィキを信じるな、左翼に書き換えられたフェイクだ」! 情報操作の実態と手口を暴露!の画像1
ウィキペディアの共同設立者ラリー・サンガー 「Daily Mail」の記事より

 まずサンガーは「ウィキペディアは偏りのない情報源としては信頼できなくなった」と発言し、ウィキペディアでは「民主主義に傾倒した左派ボランティアチーム」が彼らの考えに合わないニュースを削除しているという。さらに、今や社会的に権力を持つ富裕な人々がコンサルタントを雇い、ウィキペディアを自分たちの好ましいように書き換えているであろうことも認めた。

 そしてウィキペディアの採るクラウド・ソーシング・プロジェクトの手法は「エスタブリッシュメント(支配層)」の見解を反映することで、当初の使命を裏切っているとも語った。

 また別の時には「CNET News」のインタビューで、サンガーはウィキペディアに代わるプロジェクトを始めた理由をこう語った。

「私は、別のウィキが絶対に必要だと思います。なによりもまず、残念ながらウィキペディアは信用するに足らない。よく言われるように、何かに手をつける際の手がかりとしてはいいのですが、これは我々が真に求めている信頼性のある情報源の機能ではありません」(ウィキペディアのサンガーの項目より抜粋)

 サンガーは「左派の偏った意見」の例として、バイデン米大統領に関するウィキペディアの項目について言及した。

 ウィキペディアに書かれているバイデン大統領の項目は、大統領と対立する共和党の観点を含まない、“汚れのない”バージョンであるとサンガーは言う。そして共和党員が彼について抱いている懸念については、ほとんど何も言及されていないと話す。もしウィキペディア読者がバイデンに関して中立な見解が必要な場合、ウィキペディアの記事からはそれを得ることはできないという。

 インタビュアーから具体例を聞かれ、サンガーはバイデン大統領のウクライナ・スキャンダルを挙げた。

 バイデン大統領の息子ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、エネルギー部門での経験が皆無にもかかわらず、ウクライナのエネルギー会社ブリスマの取締役に任命され、年間7000万円近くを毎年受け取っていた。しかしその事実は、ウィキペディアのバイデン大統領の項目には含まれていないとサンガーは述べた。

ウィキペディア創設者が猛烈批判「ウィキを信じるな、左翼に書き換えられたフェイクだ」! 情報操作の実態と手口を暴露!の画像2
「Daily Mail」の記事より

■書き込まれない「ラップトップ事件」

 また「New York Post」によって報じられ、全米で一大スキャンダルとなった「ハンター・バイデンのラップトップ事件」についても、ウィキペディアでは全く言及されていないとサンガーは指摘する。

「ラップトップ事件」とは2019年4月、ハンターが、米デラウェア州ウィルミントンのコンピューター修理店に、自分のパソコンを修理に持ち込んだことから始まった。

 店主によるとその後、その客からは連絡が途絶え店主は内容を調べた。そしてハンターのラップトップの中身が公に出ることになったのだが、ハードディスクにはハンターが薬物を使用し、買春している写真やポルノビデオなど、大量の秘密が隠されていたという。

 またハンターのEメールを見ると、ウクライナや中国の企業と父親の名前を利用してビジネスをし、多額の金銭を授受していたこともわかったという。そのラップトップの内容は単なる噂ではなく、「Daily Mail」から委託されたサイバーフォレンジックの専門家によっても認証されている。

ウィキペディア創設者が猛烈批判「ウィキを信じるな、左翼に書き換えられたフェイクだ」! “情報操作”の実態と手口を暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル