1年のうち300日寝てしまう謎の病気の男! インタビュー中もまぶたが垂れ下がり…覚醒してる日は全力で生きる!?

 北インドのラージャスターン州西部、ナガウル地区に住むプルカラームさん(42歳)は、きわめて不条理な病に冒されている。なんと1年に300日、ときには20~25日間ぶっ通しで眠り続ける生活を強いられているのだ。

■眠り続ける奇病「HPA軸過眠症」

 一見、“普通に眠っているだけ”に見えてしまうため、その深刻さは理解されにくい。だが、眠りこけているプルカラームさんの身体を拭いたり食事させたりと、つきっきりで世話しなければならない家族にしてみれば、耐え難いカルマに他ならないだろう。

画像は「Unsplash」より

 とはいえ、プルカラームさんの愛されキャラのおかげで、村全体が一丸となって家を支えているという。プルカラームさん本人も、なんとか覚醒してる月5日程度は小さな食料品店を営むことで自助努力してるそうだ。しかし、最近はそれさえつらくなり、5、6月は店を開けることすらできなかったと嘆く。

「23年前です、私が睡眠のトラブルに気づき、医者に診てもらったのは。そこで、この奇病を診断されました。以来、睡魔が私の健康状態やライフスタイル全般を支配しています。一旦寝入ってしまうと、どうやっても起きれなくなるんです」(プルカラームさん)

 一般的に、人は1日約6.5~8時間の睡眠をとる。ところが、プルカラームさんの場合は、昼寝でもしようものなら一気に20日以上も寝込んでしまうというから恐ろしい。彼が苦しんでいるのは「HPA軸過眠症(Hypothalamic pituitary adrenal axis hypersomnia)」と呼ばれる深刻な睡眠障害であり、精神疾患だ。睡眠時無呼吸症候群やナルコレプシー、特発性過眠症など、過度の眠気を伴う疾患に関連するTNF-alphaと呼ばれる脳内タンパク質の変動により引き起こされると、専門家は考えている。

1年のうち300日寝てしまう謎の病気の男! インタビュー中もまぶたが垂れ下がり…覚醒してる日は全力で生きる!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル