【ガチ】UFO墜落現場の金属「この世のものではない物質」米一流大が発表! ブラックホールエネルギー!?

 エイリアン先進文明の一端が垣間見えたのか――。UFOの残骸から回収した金属片を最新鋭の検査機器で分析したところ、この金属はこの世のものではなかったのだ。

■「誰かが253の異なる同位体で世界を構築した」

 UFOはどのような素材で作られているのか。この謎に挑む研究が地道に続けられている。

 先日、米・スタンフォード大学の新しい最先端の実験室で、2カ所のUFO墜落現場から回収されたとされる金属が最新鋭の機器で原子レベルまで分析された。

 最新型の分析機器「Multiplexed Ion Beam Imaging(マルチプレックスド・イオンビーム・イメージング」は材料の原子構造を調べる画期的な機器である。

 有名な「ロズウェル事件」をはじめ、世界各地でUFOの墜落事件が起きているが、ここスタンフォード大学の微生物学者、ガリー・ノーラン博士の研究室ではコロンビアとアルゼンチンのUFO墜落現場から回収されたとされる金属片を前出の最新の分析機器で原子レベルまで詳しく分析した。それというのも原子構造を偽造することは不可能であり、素材の真の姿が浮き彫りになるからである。

【ガチ】UFO墜落現場の金属「この世のものではない物質」米一流大が発表! ブラックホールエネルギー!?の画像1
「Science News」の記事より

 この話題を紹介している英タブロイド紙「Mirror」の記事では、墜落現場の詳細は記されていないが、たとえば1978年ではボリビアでUFO墜落事件(調査回収はアルゼンチン側が行った)が起きており、1995年のアルゼンチン・サルタでUFO墜落事件が起きていて、こうした墜落事件に関係しているのではないかとも思われる。

 ノーラン博士が機器の真空チャンバーに断片のいくつかを置いて分析したところ、ほかのどんな金属とも違う原子構造の組成を見つけて驚くことになる。

「あなたがたは高度な文明からの高度な素材について話しているかもしれませんが、私はそれを単に“超素材”と呼んでいます。それは、誰かがそれを原子スケールで再構成したという特性を持っているものです。私たちは80の元素で世界を構築していますが、(この素材では)ほかの誰かが253の異なる同位体で世界を構築しています」(ノーラン博士)

 つまりノーラン博士はこのUFOの残骸から回収された金属素材は天然にあるものではなく製造されたものであることを突き止めたのだ。この素材はこの世のものではなかったということになる。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【ガチ】UFO墜落現場の金属「この世のものではない物質」米一流大が発表! ブラックホールエネルギー!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル