【緊急】中国が月の裏側で発見した「ゲル状物質」、ついに近接画像公開! エイリアンメタルの可能性、“月=宇宙人基地”の決定的証拠か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 月の“裏側”で発見された謎のゲル状物質について続報が届いている。今まで保留されていた謎のゲル状物質の近接撮影画像が先日公開されたのだ。

■謎のゲル状物質の近接撮影画像を公開

 先月トカナでお伝えした月の“裏側”で発見された謎のゲル状物質だが、これまで公開が控えられていた“近接画像”が先日ついに公開された。

 今年1月に、人類史上初となる月の“裏側”への着陸に成功した中国の月面探査機「Chang’e 4(嫦娥4号)」だが、同機に搭載された月面探査車「Yutu-2(玉兔2号)」は現在、人類にとってまだまだ馴染みの薄い月の“裏側”を鋭意探査中である。

 7月28日、探査車は1つのクレーターに近づき写真を撮影したのだが、そのクレーターの中に光沢を放つ謎のゲル状物質があることを発見。この謎の物質に気づいた北京のオペレーションセンターのスタッフは急遽予定を変更し、探査車をさらにクレーターに近づけてこの謎に迫ったのだ。

【緊急】中国が月の裏側で発見した「ゲル状物質」、ついに近接画像公開! エイリアンメタルの可能性、月=宇宙人基地の決定的証拠かの画像1
「Science Alert」の記事より

 予定を変更したスタッフの行為は後で問題になったともいわれているが、この謎のゲル状物質にさらに接近した貴重な写真を撮影することに成功した。

 この1カ月後、8月末に中国の宇宙当局がこの“発見”を公にした時には、クレーターを遠方から撮影した写真のみが公開され、この貴重な“近接画像”は伏せられたのだ。

 この当局のとった判断は、ひょっとすると公開できないものが写り込んでいたのではないかという疑惑を呼ぶものにもなり、UFO研究家の竹本良氏はこの謎のゲル状物質が地球外生命体である可能性を指摘している

 こうした疑惑を受けてのことかどうかは定かではないが、中国宇宙当局は先日、クレーターに接近した“近接画像”を新たに公開したのだ。

【緊急】中国が月の裏側で発見した「ゲル状物質」、ついに近接画像公開! エイリアンメタルの可能性、月=宇宙人基地の決定的証拠かの画像2
「CNET」の記事より

 今回公開されたクレーターの画像をよく見ると、粗い砂利で覆われたクレーター内部の一角に、そこだけ表面がツルリとしていそうな四角いタイルのような部分があるのが確認できる。もちろんこれが“謎のゲル状物質”だ。

 こうして公開はしたものの、当局はこの物質が何なのか、今もってまったくわからないとしているようだ。一応隠ぺい疑惑は解消されたかたちにはなるが、この物質についての謎はますます深まったのかもしれない。

コメント

5:匿名 2019年10月21日 12:12 | 返信

レンズフレアじゃないの?

4:匿名 2019年10月19日 19:30 | 返信

アポロ宇宙船が月を周回中に捨てた尿が凍ったものだろ

3:匿名 2019年10月18日 21:23 | 返信

アポロ計画の廃棄物や排泄物では?

排泄物・・・うんこタワマンを思い出してしまったではないか!

2:匿名 2019年10月18日 17:34 | 返信

中国だろ?
ウソにきまってんだろ馬鹿馬鹿しい

1:匿名 2019年10月18日 14:42 | 返信

自然派生する金属でこういった形のものは別に珍しくもないだろ
当然月で発見されたってのは大ニュースではあるが
可能性は低いが月自体が地球からの分離体と考えれば
黄鉄鉱のようなものがあっても不思議はないしな、まぁ月の環境でゲル状ってのは胡散臭い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。