【緊急】バンクシーの正体、ついに完全特定へ!! マッシヴ・アタックではなく“あの人”… 決定的証拠で言い逃れ不可!

 スプレーによる落書き「グラフィティ」を芸術に昇華させたストリートアートの最重要人物・バンクシーは一体誰なのか、今もって明かされていない。しかしながら、この謎めいたストリートアーティストの有力候補として、以下の3名がしばしば取り沙汰される。

・ 音楽ユニット「マッシブ・アタック」のロバート・デル・ナジャ(3D)
・ ブリストル在住のストリートアーティスト、ロビン・ガニンガム
・ 人気TV番組『アート・アタック』の元プレゼンター、ニール・バックナン

 だが今回、その正体を上回る信憑性の“第4の男”が現れたという。

■バンクシーとは誰なのか?

【緊急】バンクシーの正体、ついに完全特定へ!! マッシヴ・アタックではなくあの人… 決定的証拠で「言い逃れ不可」の状況の画像1
画像は「Wikipedia」より

 まずは前述の3人についてざっくり復習しておこう。デル・ナジャは80年代にグラフィティ・アーティストとして活動しており、過去には「バンクシーは友人」と公言して憚らなかった。しかも、マッシブ・アタックのライブ会場の近くでは、頻繁にバンクシーの作品が見つかっている。これは奇妙な偶然の一致だろうか。

 ガニンガムの場合、現役のストリートアーティストであるばかりでなく、「シュレッダー事件」のあったサザビーズで不審な行動を目撃されている。そして作品が切り刻まれ唖然とした会場の様子を、バンクシーは自身のインスタグラムにアップしている。

 だが、切断の瞬間を撮影していた顧客のカメラに、ガニンガム激似男性が写り込んでいた! しかも、彼は作品をスマホで撮っていたが、そのアングルはバンクシーの投稿した写真と同一だったという。

 バックナンも怪しい。彼はTV業界で司会やプロデューサーをしているが、国際的にも著名なアーティストだ。本人は作品の制作や展覧会、その準備で忙しく、そんなヒマはないと強く否定しているそうだが。

 そして最近になって、グラフィティ界のスーパースターの正体が「とうとう割れた」と囁かれるようになった。バンクシーは、ジェイミー・ヒューレットという男だった、というのだ。

【緊急】バンクシーの正体、ついに完全特定へ!! マッシヴ・アタックではなくあの人… 決定的証拠で「言い逃れ不可」の状況の画像2
ジェイミー・ヒューレット 「LAD Bible」の記事より

 ヒューレットは、イギリスでカルト的人気を誇ったコミック『タンク・ガール』の作者の1人。1998年以降は、ブラーのデイモン・アルバーンと共同でバーチャル覆面音楽プロジェクト「ゴリラズ」を結成したことでも知られ、彼はここでグラフィック全般を担当している。

 ゴリラズとバンクシーとの関わりは、アルバーンがボーカルをつとめるブラーの『シンク・タンク』に遡る。彼らにとって7枚目となるアルバムのジャケットを描いたのがバンクシーだ。アルバムは英音楽チャートで1位となり、これがキッカケとなりバンクシーは大衆の知るところとなった。

 以来、ゴリラズの「トゥモロー・カムズ・トゥデイ」のMVにもバンクシーによるゴリラのステンシル(型紙)が登場するなど、つきあいは長い。


■「バンクシー探し」は大詰めか?

 ヒューレットについて以前から噂があったものの、決定打となったのは英紙「メトロ」へのタレコミだった。

【緊急】バンクシーの正体、ついに完全特定へ!! マッシヴ・アタックではなくあの人… 決定的証拠で「言い逃れ不可」の状況の画像3
「Metro」の記事より

 2019年4月、「自分の身元を明かすとヘイトメールが来る」ため、匿名を条件とした科学捜査専門家A氏によれば、バンクシー作品の商用利用などでバンクシーに入る売上を辿ったところ、多くの企業で「J Hewlett」の名前を発見したという。

「したがって、ジェイミー・ヒューレット氏はすべてのバンクシー関連会社の最終的な受益者であると思われ、もし彼がバンクシー本人でないとしても、彼に非常に近い存在ではあるはずです」(A氏)

 これに対し、バンクシーの広報担当ジョアンナ・ブルックスは「ジェイミー・ヒューリットはバンクシーというアーティストではありません」と却下の声明を出した。しかし、声明にある苗字のスペルが間違っていることに気づいたファンは、「これはバンクシーお得意のトリックの1つかも」と、新たな興奮を呼んでいるという。

「バンクシー探し」も、もはや大詰めの感がある。アート界ではカリスマアーティストの正体は、もはや“公然の秘密”なのだろう。ただ、あくまで彼の商業的成功、ブランドイメージを守るため、本人も周囲も沈黙を貫いているのだ。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

【緊急】バンクシーの正体、ついに完全特定へ!! マッシヴ・アタックではなく“あの人”… 決定的証拠で言い逃れ不可!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル