腹の中から電話… 未解決「名古屋妊婦切り裂き殺人事件」のヤバさとは!? 不可解な“時効”のワケ

腹の中から電話… 未解決「名古屋妊婦切り裂き殺人事件」のヤバさとは!? 不可解な時効のワケの画像1
画像は「Getty Images」より

 1988(昭和63)年3月18日の午後7時40分頃、愛知県名古屋市中川区内にあるアパートの3階に住む会社員のAさん(当時31)が、仕事先から帰宅したところ、自宅奥の部屋から赤ん坊の泣く声がするのを聞いた。Aさんの妻・Bさん(当時27)は、当時、出産予定日を過ぎた臨月の妊婦であったことから、自宅で子供が生まれたと思ったAさんが照明をつけると、そこには赤ん坊が傷を負った状態で放置されているという、にわかに信じ難い光景が目に飛び込んできた。

 驚いたAさんは、すぐさま救急に電話しようとするものの、なぜか自宅の固定電話が姿を消していたため、慌てて1階に住む住民宅へと向かい、そこで電話を借りて119番通報。しかし、この時点でAさんは、愛妻であるBさんが既に重傷を負っていることにはまだ気付いておらず、電話を貸した1階住民も、通報の際のやりとりなどから、赤ん坊が生まれたことは察したものの、よもやBさんが変わり果てた姿になっていようとは思いもよらなかったという。

 その後、Aさんの通報を受けた救急隊員が到着することとなったが、その際、居間で後ろ手に縛られた上で、首を電気コタツのコードで絞められ、さらに腹部を刃物で切り裂かれて血まみれの状態となっているBさんの姿を隊員が発見。赤ん坊と共に緊急搬送されるも、Bさんは手の施しようもなく、死亡した。

腹の中から電話… 未解決「名古屋妊婦切り裂き殺人事件」のヤバさとは!? 不可解な時効のワケの画像2
画像は「Getty Images」より

 しかもその後、Bさんの腹の中からは、取り出した「赤ん坊の代わり」とでも言わんばかりに、電話の受話器と、Aさんが車のキー用に使っていたものだという、ミッキーマウスのキーホルダーが詰め込まれていたことが判明する。このなんとも残忍極まりない内容の事件が、当時、世間を震撼させた『名古屋妊婦切り裂き殺人事件』である。

 この事件は、当時の捜査関係者から見ても、あまりに凄惨過ぎる内容であったことなどから、すぐさま4万人もの捜査員が投入され、大規模な捜査が行われた。その過程で、周囲の聞き込みなどから浮上したサラリーマン風の30代男をはじめ、数多の人物が捜査対象となり、なんと一時は、夫であるAさんでさえも疑惑の目が向けられたほどだったという(※後にアリバイが立証されている)。

 しかしその後、犯人逮捕には至らず、15年もの歳月が流れた2003年(平成15)年の3月18日に公訴時効を迎え、未解決事件となってしまった。なぜ、これほどの大それた犯行を行った犯人が、逮捕されることなく、時効を迎えることになったのか。事件全体を見たときに、筆者はある仮説が頭をよぎるのである。

衝撃の真相について考察する後編(3日18時に配信予定)はコチラ!

文=野島居慎太郎

●野島居慎太郎の記事一覧はコチラ

野島居慎太郎の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

腹の中から電話… 未解決「名古屋妊婦切り裂き殺人事件」のヤバさとは!? 不可解な“時効”のワケのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル