【未解決事件】凄惨すぎる『長岡京ワラビ採り殺人事件』と謎のメモ“この男の人わるい人”…犯人像は?

【未解決事件】凄惨すぎる『長岡京ワラビ採り殺人事件』と謎のメモこの男の人わるい人…犯人像は?の画像1
画像は「Getty Images」より
【未解決事件】凄惨すぎる『長岡京ワラビ採り殺人事件』と謎のメモこの男の人わるい人…犯人像は?の画像2
被害女性

 1979年(昭和54年)5月23日、京都府長岡京市にある山中で、30から40代と見られる女性2人の変死体が発見された。当時の報道によると、遺体には着衣の乱れがあり、乱暴された痕跡もあったことから、彼女たちは性的な暴行を受けた上で殺害されたという見方が濃厚となり、すぐさま当局は、目撃情報の収集を含む本格的な捜査を開始することとなる。その後の捜査により、この事件で殺害されたのは、近隣に住む主婦・Aさん(当時43)と、同じスーパーマーケットでパートしていたBさん(当時32)であることが判明。彼女たちは、この山に自生する山菜を目当てに、パートを終えた後で入山し、何らかの事件に遭遇。その結果、惨殺されたと推測されるが、その詳細は判然とせず、手掛かりと思しきものといえば、Aさんの着衣のポケットから発見された手書きのメモだけだった。なお、このメモにはかなり乱れた筆跡で、次のような文言が記されていたという。

【未解決事件】凄惨すぎる『長岡京ワラビ採り殺人事件』と謎のメモこの男の人わるい人…犯人像は?の画像3

「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」

 この内容から、Aさんが犯人からの逃走中に、自身の身の危険を知らせる目的で、慌てて書き殴り、それをどこかで第三者に渡そうとしたものの実現せず、そのままポケットにしまわれたままになっていたと考えられた。しかしそうした推測は、あくまで推測に過ぎず、本当にそうだったのかまでは、今となっては知る由もない。というのも、その後、捜査自体は続けられたものの、犯人逮捕に繋がる有力な情報や証拠は得られず、そのまま1994年に時効を迎え、現在に至るまで、真相を解き明かす鍵となり得るような有力な手かがりは浮上していないからだ。これが世に言う『長岡京ワラビ採り殺人事件』である。

 さて、この事件において(というよりも、遺体発見時の状況などにおいて)、まず捜査関係者をはじめ、多くの人々の目を引いたのは、そのあまりに残忍な殺害方法であった。被害者のAさんは、全身30箇所以上も激しく殴打されたことで肋骨が折れ、肝臓も破裂。同様にBさんは50箇所以上も殴打された挙げ句に、包丁が突き立てられたままであったという。しかもAさんの体内からは、犯人のものと思しきO型の体液が検出されたことから、彼女たちはあまりに無慈悲な形で性的暴行を浮けていることも判明した。そうした点を加味する形で、後に当局は、近隣に住む空手経験者の少年・Cや、地元不良グループのメンバーで、こちらも空手経験者だったという建設作業員DとEの2名を捜査対象として、事情聴取などを行っているが、いずれも被疑者と断定するにはあまりに決定打を欠く状況であった。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【未解決事件】凄惨すぎる『長岡京ワラビ採り殺人事件』と謎のメモ“この男の人わるい人”…犯人像は?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル