【未解決事件】最悪の胸糞『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』“怖い顔の女犯人”はなぜ逮捕されない? <前編>

ーー日本の凶悪事件に詳しいライター・野島居慎太郎が再解読!

画像は「Getty Images」から引用


●四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは?
 2004年2月17日、三重県四日市市にあるジャスコ四日市尾平ショッピングセンター(現・イオン四日市尾平ショッピングセンター)の施設内にあるATMコーナーで、2〜3歳ほどの幼児を抱いた若い女性客と、当時68歳の男性客が言い争いになるというひと幕が発生した。女性客は男性客が自分の財布を盗もうとしているとその場に居合わせた人々に主張。男性客は否定するものの、女性客側の一方的な主張を無警戒に信じた周囲の客や店員らに男性客が取り押さえられ、また、別の万引き事件の処理のために同店を訪れていた警察官2名が、ほどなく現場に到着したことで、男性は後ろ手に手錠をかけられ、その場で拘束されたという。

三重県が公開した女性のビデオ画像


 しかしこの男性は、その場で体調に異常を来たし、緊急搬送された後で、翌日に死亡。その後の捜査により、男性は自分のキャッシュカード(最期まで握り締めていたという)を使って通常のATM操作をしようとしていたに過ぎず、まったくの誤認逮捕であったことが判明する。しかも、防犯カメラの映像を確認すると、財布を盗もうとしていたのは女性客側であり、問題となった「財布」も、あろうことか死亡した男性客自身のものであったという。自分が行ったスリの犯行を、男性側になすりつけ、まんまと周囲を巻き込むことに成功したこの女性客は、現場のドサクサに乗じてそのまま逃走し、逮捕されないまま2011年2月17日午前0時、窃盗未遂事件としての時効を迎えることとなってしまった。これが世に言う『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』である。


■難航した犯人の捜索と「怖い画像」

 この事件を巡っては、捜査開始直後に当局によって公開された防犯カメラ映像の姿を元に、問題の「女性客を装ったスリ犯」の捜索が開始されたものの、そのインパクトある風貌とは裏腹に、逮捕に繋がる情報は一向に寄せられなかったという。しかしその一方で、その「インパクト」から、現在でも防犯カメラ映像のキャプチャ画像がネット上で拡散され続けており、「怖い画像」としての知名度のみ高まるという、被害男性のご遺族からすれば、なんとも歯がゆい状況が続いているのが実情だ。そこで今回は、シンプルに「なぜこの事件の犯人が逮捕されることなく、現在に至っているのか?」という点について、筆者なりに考えてみたいと思う。無論、そうしたところで被害男性が生き返るわけでも、ご遺族の無念が晴れるわけでもないとは思うが、こうした記事をネット上に墓標の如く残すことで、近い将来、事件の全貌が解き明かされる一助になればと切に願う。

【未解決事件】最悪の胸糞『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』“怖い顔の女犯人”はなぜ逮捕されない? <前編>のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル