【未解決事件】カアイソウ、トミダノ股割レ…怪文書を徹底再解読! 加茂前ゆきちゃん失踪事件の謎を探る!

ーー日本の凶悪事件に詳しいライター・野島居慎太郎が再解読!

【未解決事件】カアイソウ、トミダノ股割レ…怪文書を徹底再解読! 加茂前ゆきちゃん失踪事件の謎を探る!の画像1
画像は「Web Archive」より引用

 1991年3月15日、三重県四日市富田で暮らす、当時八歳の少女・加茂前ゆきちゃんが、自宅から忽然と姿を消すという事件が発生した。世に言う『加茂前ゆきちゃん失踪事件』である。

 この事件では、発生日である3月15日の午後、自宅には夜勤に備えて仮眠をとっていた当時50代の父親がいたものの、彼女の失踪には気づいていなかった。そのことから、何者かによって外へと誘い出された末に誘拐されたという説や、外へと遊びに出た際に、その出先で何らかの事件や事故に巻き込まれたのではないかと見る説など、これまで実に様々な可能性が浮上するも、それを裏付ける証拠に欠けた。目撃情報としても、彼女が「白いライトバンに乗った男」と会話している姿や、ジャングルジムなどで遊んでいる姿、さらには富田駅周辺で徘徊していた姿など、実に多くの様々な証言が寄せられたものの、これらはいずれも、事件解決への糸口とはならないものばかりであった。

 まずは同事件の概要について確認しておこう。同日の14時過ぎにゆきちゃんの姉が帰宅した時点で、既に彼女の姿はなかったという。しかし、その直前と思われる時刻には、母親からの電話にゆきちゃんが応対していた。また事件発覚時には、自宅に彼女のものと思しき飲みかけのココアが置かれていた。

 これらの状況から、ゆきちゃんは14時頃に学校から帰宅し、ココアを飲んでいるときに、母親からの電話に応対。その後、遊びに誘った友人に対して「約束があるから」と断り、そこから姉が帰宅するまでのわずかな時間に姿を消したと考えられている。事実、三重県警が情報を呼びかける際に掲示したWEBページでは、その発生時刻を「14:30」と記していた。

 しかし、ある程度、ハッキリとしているのはこのあたりの事情だけであり、それ以外の部分については謎ばかりだ。しかも、事件発生から3年も経った後に、不気味な怪文書が加茂前家に届けられるなど、事件はあまりに不可解なものであると言わざるをえないというのが正直なところである。

 自宅にいたはずの少女が短時間で忽然と姿を消すというこの不可解な事件において、さらにその謎めいた印象を人々に与えることとなったのが前出の怪文書だ。これは事件発生から3年後の1994年に、加茂前家に郵送で送られてきたもので、全3枚に及ぶ。この手紙には鉛筆で下書きをした後に、ボールペンで清書をした痕跡が残されていたとされるが、その慎重さに反する形で、記された内容は実に異様なものであった。まずはその内容をご一読頂ければと思う。

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...