【未解決事件】43年前の惨殺、30年前の少女殺し、25年前の性的暴行殺人…! 長期にわたる“未解決期間”を経て解決した凶悪事件5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 長期にわたり謎が残されたままになっている未解決事件は多い。しかし、技術の発達によって真犯人が逮捕されたケースも散見される。今回は、長期にわたる“未解決期間”を経て解決した殺人事件をご紹介しよう。


■リヨン姉妹殺人事件

1811_tyouki_01.jpg
画像は、「Patch」より

 1975年3月、米ワシントンD.C.のメリーランド州で当時10歳のキャサリン・メアリー・リヨンと当時12歳のシーラ・メアリー・リヨンの姉妹が行方をくらませた。彼女たちはショッピングモールで友達と遊んだ後、自宅へ帰る途中に消えたとされているが、2人の遺体は見つかっていない。

 警察は行方不明事件として姉妹の足取りを追い、100人以上を動員して捜索を開始した。しかし事件の真相を解明する証拠は何一つ見つからなかった。事件に発展があったのは、姉妹が行方をくらませてから約40年後となる2014年のこと。強姦の罪で有罪判決を受けたロイド・ウェルチという男が、リヨン姉妹を誘拐して殺害したと供述したのだ。そしてロイドは、2015年にリヨン姉妹の失踪に関与した罪で起訴された。さらに2年後の2017年、ロイドには18歳の頃に犯した姉妹への拉致・殺害罪で有罪判決が下されている。

1811_tyouki_02.jpg
画像は、「13 WSET」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。