【未解決事件】最悪の胸糞『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』“怖い顔の女犯人”はなぜ逮捕されない? <前編>

画像は「Getty Images」から引用

前編はコチラ

●四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件とは
 2004年2月17日、三重県四日市市にあるジャスコ四日市尾平ショッピングセンター(現・イオン四日市尾平ショッピングセンター)の施設内にあるATMコーナーで、2〜3歳ほどの幼児を抱いた若い女性客と、当時68歳の男性客が言い争いになるというひと幕が発生した。女性客は男性客が自分の財布を盗もうとしているとその場に居合わせた人々に主張。男性客は否定するものの、女性客側の一方的な主張を無警戒に信じた周囲の客や店員らに男性客が取り押さえられ、また、別の万引き事件の処理のために同店を訪れていた警察官2名が、ほどなく現場に到着したことで、男性は後ろ手に手錠をかけられ、その場で拘束されたという。しかしこの男性は、その場で体調に異常を来たし、緊急搬送された後で、翌日に死亡。その後の捜査により、男性は自分のキャッシュカード(最期まで握り締めていたという)を使って通常のATM操作をしようとしていたに過ぎず、まったくの誤認逮捕であったことが判明する。しかも、防犯カメラの映像を確認すると、財布を盗もうとしていたのは女性客側であり、問題となった「財布」も、あろうことか死亡した男性客自身のものであったという。自分が行ったスリの犯行を、男性側になすりつけ、まんまと周囲を巻き込むことに成功したこの女性客は、現場のドサクサに乗じてそのまま逃走し、逮捕されないまま2011年2月17日午前0時、窃盗未遂事件としての時効を迎えることとなってしまった。これが世に言う『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』である。


■犯人画像を比較!


 実は一番有名な正面斜め上から撮影された右の画像と、一緒に公開された横からの画像を比較すると、一見、同じ人物であるとは思えないほどに、印象が異なっていることがよくわかる。前者が「妖怪のような怪人」であるとするならば、後者は「ごくごく普通の子供を抱いた女」にしか見えないのだ。たしかに、右の「妖怪のような女」が被害男性と揉みあいになっていたとするならば、その光景を見た人々の多くは、無条件にこの女の言葉を信じて、被害男性を取り押さえるようなことはしないだろう。にもかかわらず、現実に、被害男性の訴えは聞き入れられず、ほぼ無条件に女の言う言葉が、瞬く間に「事実」として周囲の人々に共有されていったかのような印象を受ける。たしかに、「幼子を連れている」という要素が演出効果として働いた部分もあるかとは思うが、たとえ幼子を連れていようとなかろうと、それが「妖怪のような女」であったならば、果たして何人が率先して被害男性の取り押えに協力するだろうか。そう考えれば、明らかに現場で見た女の印象は、「妖怪のような女」ではなく、「ごくごく普通の子供を抱いた女」であったと見るのが妥当だといえるだろう。

 しかし、実際には、現在でもネット上などでは右の画像ばかりが一人歩きし、それと比較すると、左の画像を見かける機会が極端に少ないため、たとえこの事件を知っていたとしても、多くの人々の中にある犯人像は、「右の女」であり、「左の女」ではなく、「右の女」を探そうという意識が邪魔をする形で、たとえ目の前にいたとしても「左の女」には気づかないという状況を生んでしまうと考えられるのだ。ゆえに、この記事を読んだ諸姉諸兄の中に、事件の全貌解明を望む向きがあるのならば、是非とも一度、「左の女」の姿を頭にインプットした上で、日常を過ごして頂ければと思う。もしかすると、意外と近くにこの女が潜んでいるかもしれないのだ。

 なお、この女スリ、当時公開された情報によると、年齢が25〜30歳程度で、身長が約160cmほどだという。しかも、当時2〜3歳程度の幼児を連れていたことから、仮にこの幼児が人形や他人の子供ではなく、この女の実子であるとするならば、2001〜2002年頃に出産していたことになるため、そのまま育っていればこの子供は現在20歳前後、その母親にあたるこの女にしても、45〜50歳程度。ということは、いわゆるロスジェネ世代にあたる人物ということになる。

【未解決事件】最悪の胸糞『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』“怖い顔の女犯人”はなぜ逮捕されない? <前編>のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル