世界中のパイロットがUFO目撃を口外できずにいると判明! 「見てはいけないものを…」心理的圧力の実態とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 米軍のパイロットによるUFO目撃報告は多いが、実はそれは氷山の一角であり、はるかに多くの航空機パイロットがUFOを目撃しているという。そして、大半の目撃者は社会的立場を考慮して口をつぐんだままであるというのだ。

■多くのパイロットがUFOを目撃している

 米海軍の戦闘機が撮影に成功した“本物のUFO”が我々のUFO観を大きく変える事態を招くことになり、今やペンタゴンもUFO(UAP、未確認航空現象)の存在を公式に認めているわけだが、軍用機のパイロットだけがUFOを目撃しているわけではない。

 実際にはきわめて多くの航空機パイロットがUFOを何度も目撃していることが当事者からリークされている。英紙「Daily Star」の取材に応じた匿名のパイロットは、“UFO”という単語を口にすることは、自分のキャリアを危険にさらす行為であると語っている。どうしてもUFOに触れなくてはならない場合、「未確認輸送機(unidentified traffic)」や、「空中現象(aerial phenomena)」という言葉を使うということだ。

世界中のパイロットがUFO目撃を口外できずにいると判明! 「見てはいけないものを…」心理的圧力の実態とは!?の画像1
「Daily Star」の記事より

 あるパイロットは、航空会社の上層部は地球外由来のUFO目撃報告にきわめて否定的であるため、同僚はUFO目撃を報告した後にカウンセリングを受けるように支持されたと話している。

 また、別のパイロットは同紙に次のように語っている。

「ほとんどのパイロットは、未確認輸送機や空中現象のようなフレーズを使用します。誰も“UFO”という言葉を口にしたくありません。もしその言葉を口にすれば、薬物使用者なのか、頭がおかしい者なのかと疑われてしまうでしょう」

 だが、パイロット同士の個人的な会話では実に多くのパイロットが空で“それ”を見たと話しているということだ。

 しかも、これらの話はパイロットのためのオンラインフォーラムで交わされ、多くのパイロットが同意しているという。匿名での交流が可能なネットという場で、これまで闇に葬られてきたパイロットによるUFO目撃談が続々と陽の目を浴びる事態を迎えているようだ。

世界中のパイロットがUFO目撃を口外できずにいると判明! 「見てはいけないものを…」心理的圧力の実態とは!?の画像2
「Daily Star」の記事より

■「見るべきではなかった何かを見た」

 あるパイロットは次のように述べている。

「目撃証言は社内や同僚の間で交わされ、メディアに届くことはほとんどありません。もしも至近距離から明瞭に目撃する機会を得た場合、それはきわめて深刻な事態を迎えます」

 つまり、目撃することでさまざまな問題が発生する可能性を孕むということだろう。いや、むしろ見なかったほうが順調なキャリアのためには良かった、ということになる。

 別の人物は、30年前にシンガポールからブリスベンに貨物輸送機を操縦していたとき、初めてUFOを見たと話している。

「それは現地時間の午前2時で、副操縦士が航空交通管制に尋ねました。『私たちの近くに航空機が飛んでいますか?』と。しかし管制官は否定しました。まもなく、私たちは、見るべきではなかった何かを見てしまいました。もはや、私たちは航空交通管制に問い合わせもしませんでした」

 現地の航空管制官が把握していない飛行物体を目撃したことになる。はたしてこの一件の後もUFOを目撃しているのだろうか。

世界中のパイロットがUFO目撃を口外できずにいると判明! 「見てはいけないものを…」心理的圧力の実態とは!?の画像3
「Daily Star」の記事より

 さらに今年の初めには、アメリカン航空のパイロットが飛行中に、雲の中で動いている何かを見たと話している。

「それは私たちの頭上を越えていったのですが、言いたくないことではありますが、まるで巡航ミサイルのような長い円筒形の物体で、私たちの真上を非常に速く移動しました」

 世界中の空で、今もこうして説明不可能な現象が起こっていることは間違いない。今後も引き続きUFO/UAPの最新動向をチェックしたい。

参考:「Daily Star」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

世界中のパイロットがUFO目撃を口外できずにいると判明! 「見てはいけないものを…」心理的圧力の実態とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル