【最新報告】カナダ空軍パイロットらが緑色のUFOを目撃! シェイプシフター型UFOも激撮される!

【最新報告】カナダ空軍パイロットらが緑色のUFOを目撃! シェイプシフター型UFOも激撮される!の画像1
画像は「Getty Images」より

 UFO目撃に関する最新証言が編集部に届いた。7月30日、別々の航空機2機(軍用機と商用機)のパイロットが、カナダ大西洋岸セントローレンス湾の雲の中で不思議な明るい緑色のUFOが消えるのを目撃と報告したのだ。

■政府の航空事故データベースに登録のUFO目撃!

 カナダ政府の航空事故データベースに8月11日付で投稿された最新レポートによれば、二つのフライトにおいて「雲の中に飛んで消えた」「明るい緑色の飛行物体」が目撃されたが、航空機の安全運航には支障をきたさなかった。

 UFOに遭遇した機体の一つは、カナダ空軍機でオンタリオ州の基地からドイツのケルンへ飛行中だった。一方、商用の旅客機は米国ボストンからオランダ首都アムステルダムへ向かうKLMオランダ航空の機体である。航空輸送の研究者であるステファン・ワトキンズ氏によれば、UFO目撃時、少なくともカナダ空軍機は高度300メートルを上昇していたことが確認できる。

 ワトキンズ氏は、TwitterにてUFOに遭遇したカナダ空軍機CFC4003とオランダ航空便KLM618便をすでに特定し情報を募っている。また「カナダ・ハリファックス港湾部ニュース」はUFO目撃の画像をツイート。

■隕石、気球、ロケット、UFOの可能性

 では、このUFOは一体何だったのか。まず考えられた可能性は隕石だ。なぜなら7月30日はペルセウス座流星群の最初期段階に入っていたからだ。なおカナダ政府の航空報告は、この事件を「気球、流星、ロケット、UFO」のカテゴリに含んでおり、流星群や隕石の可能性を排除していない。

 またカナダ防衛省の報道官は「我々は米国国防総省と違い、UFOの目撃情報を追跡しているわけではない」と表明。しかし、このようなカナダ政府の姿勢とは裏腹に、民間におけるUFOハンターや研究家の多くが今日も何かを見つけようと空を見上げている。たとえば、2019年12月にはある民間コレクターが同国ウィニペグにあるマニトバ大学に膨大な約3万点の資料を寄贈。1877年創立、西部カナダで最も古い大学が突如としてUFO研究の拠点となる珍事もあった。

 

■ルトコウスキー氏とファルコン湖事件

 UFO研究を30年間継続してきたクリス・ルトコウスキー氏が寄付した資料は、カナダ政府の公文書約1万点に加え、1989年以降のUFO目撃情報2万件である。さらにルトコウスキー氏は自身の蔵書から2千冊を寄贈。これらの資料は、電子化し研究利用するためにマニトバ大学がクラウドファンディングを行い、約250万円の目標を達成している。ルトコウスキー氏については、すでにこれらの過去記事において触れており、「ファルコン湖事件」についてもトカナでは報じてきた。

 マニトバ大学は「ファルコン湖事件」の被害者ステファン・ミハラクの遺物を含む同氏寄贈を歓迎し、大学所蔵のスピリチュアリズム・コレクションとして保管する。マニトバ州の議員であり超常現象研究者でもあったトーマス・G・ハミルトンの交霊会写真から始まった同大学コレクションに追加される。今後、資料研究に携わるスウィーニー博士は「人間が経験するもの以外の別の現実があるかもしれない可能性を考慮することはできる」と発言。研究成果に期待が集まっている。

人気連載
あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

あなたは理性タイプか感情タイプか怖いほど当たる4択占い! Love Me Doの人生好転アドバイス!

■あなたの“理性”度合い 「外で銃声が聞こえたとします。...

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【最新報告】カナダ空軍パイロットらが緑色のUFOを目撃! シェイプシフター型UFOも激撮される!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル