UFOの離陸でガチヤケド! カナダで最も有名なUFO事件「ファルコン・レイク」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 カナダで最も有名なUFO遭遇事件が、ファルコン湖の湖畔で起こった「ファルコン・レイク事件」だ――。

 

■UFOの離陸でヤケドを負った目撃者

 さかのぼること52年前の1967年5月20日、カナダ・マニトバ州にあるファルコン湖の湖畔近くで発生したUFO遭遇事件は、「ファルコン・レイク事件」として今でもカナダで最も有名なUFO事件として語り伝えられている。

「Mysterious Universe」の記事より


 その日、産業エンジニアのステファン・ミカラク氏(当時51歳)は、個人的なライフワークである地質学研究の一環で、ファルコン湖周辺の鉱物の調査、試掘を行っていた。この周辺の岩石から石英や銀が採れることでも知られている地域であった。

 美しい大自然に囲まれて岩石の調査に熱中していたミカラク氏であったが、湖畔に巨大な円盤型の物体が堂々鎮座していることに気づき驚く。メタリックな眩い輝きを放つ直径10メートルほどの円盤型の物体が湖畔に着陸しており、近くの上空にはもう1機の円盤が宙に浮いていたのだった。

画像は「YouTube」より


 停泊していると思われるこの巨大な円盤に思わず近づいていったミカラク氏だが、至近距離から精巧に作られた円盤の外装を眺めつつ、手を伸ばして表面に触れてみようとした瞬間、円盤の推進機関が突然始動し離陸した。その際に機体から瞬間的に熱と炎が放出され、ミカラク氏が着けていたグローブとシャツが焼け焦げたのだ。

 ミカラク氏の身体的ダメージも当然ながら相当なもので、まだ一部が燃えているシャツをその場で脱ぎ捨て、なんとか力を振り絞って野原を歩き宿にたどり着いた。

 病院でヤケドの治療が施されたのだが、円盤の排気パネルのデザインを反映したかのように、腹部にブロックパターンのヤケドができていた。そしてこの一件後の数週間にわたって、ミカラク氏は激しい頭痛、吐き気、体重減少、失神、下痢に苦しんだのだが、それはまるで放射線被ばくによる症状のようであった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。