【脅威】「標的に命中する前に地球を一周」中国の極超音速核ミサイル 米情報機関が驚愕

画像は「Getty Images」より引用

 中国の極超音速核ミサイルは目標に到達する前に地球を一周、米国の情報機関を驚かせたという。

 地政学ニュース「Great Game India」(10月18日付)によると、中国が極超音速ミサイルを使って新たな宇宙開発の実験を行ったことを10月16日(土)に英紙「フィナンシャル・タイムズ」が報じたという。

 関係筋の話として、北京が8月に発射した核搭載可能なミサイルは、低軌道で地球を一周した後、目標に向かって降下したそうだが、目標から32kmも離れた地点に着弾したとのことだ。しかしそれでも、米国の情報機関は中国の極超音速兵器開発の進展に驚愕したそうだ。

 米国防総省のジョン・カービー報道官は、報告書の詳細についてはコメントしないとしながらも、「米国は中国が追求し続けている軍事力についての懸念を明らかにしてきたが、それは緊張を高めるだけだ」と避難した。

 中国のほか、米国やロシアなど少なくとも5つの国が極超音速技術の開発を行っているとされる。極超音速ミサイルは弾道ミサイルの上位互換として注目されており、弾道ミサイルの欠点を克服したミサイルだとされる。

画像は「Getty Images」より引用

 

 弾道ミサイルは目標に到達するために弧を描いて宇宙空間を高く飛ぶため、軌道を計算しやすく、そのため迎撃ミサイルに撃墜される可能性が高い。極超音速ミサイルは大気中の低い位置で軌道を描き、より早く目標に到達できるため迎撃が困難となる。そのことは防衛省も指摘している。

「昨今では、ミサイル防衛網の突破を企図した極超音速兵器をはじめとする新たな脅威が出現しています。例えば、一部の国で導入が進められているHGV(Hypersonic Glide Vehicle)は、弾道ミサイルによって打ち上げられた後、超高速で低高度を飛行し、高い機動性を有することから、一般論として、ミサイル防衛システムによる迎撃がより困難とされています」(防衛省

 中国の極超音速ミサイルの進展は米国のみならず日本への脅威であることは言うまでもない。唯一の被爆国である日本が再び核兵器の餌食になる日が来るかもしれない。

参考:「Great Game India」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【脅威】「標的に命中する前に地球を一周」中国の極超音速核ミサイル 米情報機関が驚愕のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル