JRA天皇賞・秋(G1)狙いは関係者「隠れ穴馬」の一獲千金! コント・グラン・エフの三強崩壊で大波乱!?

JRA天皇賞・秋(G1)狙いは関係者「隠れ穴馬」の一獲千金! コント・グラン・エフの三強崩壊で大波乱!?の画像1
三冠馬コントレイルが挑む天皇賞・秋

■ウマ娘キャラが活躍したレース

 今週末は衆議院選挙の投票日だが、それと同じくらい注目したいのがJRAで行われる第164回天皇賞・秋だ。この天皇賞は、日本ダービー、有馬記念、ジャパンカップに続くJRAの中でもベスト4に入るビッグレース。昨年の馬券売上は225億円を超えており、ちょっとした上場企業の年商にも匹敵する大金をこの1レースだけで稼いでいる。そして過去にも様々なドラマが生まれたレースでもある。競馬ゲーム「ウマ娘」の人気キャラクターで知られるメジロマックイーンは1着から最下位への降着、断然の人気馬サイレンススズカもレース中に故障を発生し、競走を中止したことがある。一方でスペシャルウィーク、ウオッカやキタサンブラックがその強さを見せつけ、昨年はアーモンドアイが二連覇を達成して話題となった。今年の注目はJRAを代表する3頭の実力馬による対決。まずはその3頭を解説しよう。

・ コントレイル
牡4歳
9戦7勝・重賞6勝(日本ダービー・菊花賞・皐月賞・ホープフルSなど)
矢作芳人厩舎
福永祐一騎手

 昨年、父ディープインパクトに続く無敗のクラシック三冠を達成。その後ジャパンカップではアーモンドアイに敗れ、大阪杯も3着に敗退。この天皇賞後は次走のジャパンカップを最後に引退が決定している。種牡馬入りへ大きな勲章を手に入れるため、ここは是が非でも勝利したいところ。

・ グランアレグリア
牝5歳
13戦8勝・重賞7勝(安田記念・スプリンターズS・マイルCS・桜花賞など)
藤沢和雄厩舎
C.ルメール騎手

 ディープインパクト産駒を代表する名牝。現役最多のG1レース5勝を記録し、安田記念ではアーモンドアイを完封。クロノジェネシスと並び最強牝馬の一角として名高い。管理する藤沢和雄調教師は来年2月で定年引退。C.ルメール騎手は天皇賞・秋4連覇がかかる。

・ エフフォーリア
牡3歳
5戦4勝・重賞2勝(皐月賞・共同通信杯)
鹿戸雄一厩舎
横山武史騎手

 今年の皐月賞馬。日本ダービーは2着だが3歳を代表する一頭。父エピファネイアはジャパンカップの勝ち馬で親子二代制覇がかかる。鞍上は横山典弘騎手を父に持つ関東の若手ホープ。3歳馬のため古馬より斤量が2kg有利。

 もちろん出走するのはこの3頭だけではない。他にも天皇賞・春優勝馬ワールドプレミア、マイルチャンピオンシップ優勝馬ペルシアンナイト、4連勝中のヒシイグアス、ジャパンカップ2着の実績があるカレンブーケドール、デビューから11戦すべて3着以内のポタジェ、さらにユーキャンスマイル、モズベッロといった実力馬が顔を揃えた。かなりの豪華メンバーだが、やはり実績はあの3頭が抜けており、実力通りなら順当な結果となりそう。しかしそんな素人予想を覆す、衝撃の情報が飛び込んできた。なんと、あの三強を脅かす、マスコミノーマークの「隠れ穴馬」がいるとの話を聞いたのだ。

■関係者だけが知る「隠れ穴馬」とは?

 今回この「隠れ穴馬」の存在が発覚したのは、ある競馬記者からのリークだ。その人物によると、

「天皇賞に出走する有力馬はほとんどが休み明け。なぜ休み明けなのか、そこには複雑な関係者の思惑と狙いが隠されているらしい。ただ、その詳細を我々では把握することができなかった。今回もそうだが、彼らだけがその真実にたどり着いたようだ」

と語っている。この記者が語る“彼ら”とは、競馬情報のスペシャリストとして知られる大物関係者が集結した「競馬セブン」だ。競馬界の様々な分野で活躍した7人の大物関係者が所属する競馬セブン。その顔ぶれは、元JRA騎手で数々のビッグレースを勝利し、引退後はJRA競馬学校の教官として福永祐一騎手や池添謙一騎手といったトップジョッキーを育て上げた徳吉一己氏。さらに名馬タマモクロスを管理した小原伊佐美氏や、嶋田潤氏、二本柳俊一氏といった元JRA調教師。そして元札幌馬主協会理事の斉藤隆氏や社台グループの社台スタリオンステーションの場長を務めていた林勲氏といった重鎮。また競馬記者歴40年以上という経歴を持つ古川幸弘氏の人脈も、相当な範囲に広がっている。一見して、既存のマスコミでは比較対象にならないほどの大物関係者が、この競馬セブンに揃っているのだ。そして当然のことながら、その的中実績は凄まじいレベルにある。

JRA天皇賞・秋(G1)狙いは関係者「隠れ穴馬」の一獲千金! コント・グラン・エフの三強崩壊で大波乱!?の画像2
波乱の宝塚記念でも27万8000円を獲得!

■春のG1レースでは166万円以上を獲得!

 当たり前のことではあるが、情報力と的中実績は比例するのが当然だ。もちろん、秋華賞で白毛のソダシがレース中に怪我をして力を発揮できないようなアクシデントは十分ありえる。過去の天皇賞でも武豊騎手が斜行して審議となり、1着ながら最下位に降着となり的中馬券が一転して紙屑になったケースもある。それでもトータルで見て結果を出し続けていることが重要であり、それこそが実力を図る指標ともいえる。そういった意味で競馬セブンの実績は驚きだ。今年春のG1レースでみると、トータルで11戦8勝の的中率は72.7%、馬連だけでも166万8000円という破格の払戻を獲得している。そして天皇賞・秋の前哨戦でもるオールカマーと毎日王冠はともにパーフェクト的中を達成し、オールカマーでは200倍を超える万馬券を仕留めた。しかも昨年の天皇賞・秋も的中させ、なんと馬連だけでも29万1000円を獲得しているのである。これらの実績が示すことは一つだろう。

『今年の天皇賞・秋も競馬セブンなら大丈夫』

 前述のように、競馬セブンは出走馬についての関係者の本音や戦略、そしてあらゆる裏情報を把握しているという。そして、この天皇賞で絶対に買うべき「隠れ穴馬」の存在まで独占的に掴んでいる。今回、競馬セブンに天皇賞・秋に関する最新情報を問い合わせたところ、以下の返答が届いた。

「ご指摘の通り、この天皇賞・秋はコントレイル、グランアレグリア、エフフォーリアが激突し、好メンバーが揃いました。ただ、その3頭にマスコミの注目が集まり、結果として我々が注目する人気薄“隠れ穴馬”についてはほぼ話題になっていません。これには2つ理由があります。1つは関係者が他の陣営からマークされるのを避けるため、意図して本音を明かしていないからです。2つ目はJRAがコロナ対策でマスコミに取材規制を実施しているからです。取材時間、場所、相手に制限があるため、マスコミは十分な取材活動ができていません。その結果として、この“隠れ穴馬”が表に出ることはないでしょう。ただし、競馬セブンとしては今回の大一番を盛り上げるため、レース当日にこの“隠れ穴馬”を含めた馬連3点勝負を特別に無料公開いたします。有力馬の陣営が恐れる“隠れ穴馬”の正体は必見です。昨年獲得した29万円以上の獲得も視野に入っています。必ずや馬券購入前にご確認ください」(競馬セブン関係者)

JRA天皇賞・秋(G1)狙いは関係者「隠れ穴馬」の一獲千金! コント・グラン・エフの三強崩壊で大波乱!?の画像3
昨年の天皇賞・秋もズバリ的中!

 この話からも、競馬セブンが把握する「隠れ穴馬」の情報が、天皇賞・秋において最も重要な情報として位置付けられるのは間違いない。しかも、今回は特別に「天皇賞秋(G1)馬連3点&隠れ穴馬」を無料で公開するというのだから、これは何を差し置いても入手する必要があるだろう。まずは今すぐ競馬セブンをチェックし、当日までの流れを確認しておくことをお勧めする。

CLICK → 無料公開!【天皇賞秋(G1)馬連3点&隠れ穴馬】競馬セブン

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

JRA天皇賞・秋(G1)狙いは関係者「隠れ穴馬」の一獲千金! コント・グラン・エフの三強崩壊で大波乱!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル