ペンタゴン「UFO対策部署」新設に“重大な懸念”! 元職員が表明!

 2020年夏、ペンタゴン(米国防総省)は未確認飛行物体(UFO)を追跡、分析する機関を創設した。その機関の正式名は「未確認飛行物体現象タスクフォース(UAPTF)」で、米軍がUFOと遭遇時、情報を分析する任務を担う。アメリカ政府がまとめた報告書によると、2004年以降、アメリカ軍などの政府機関では未確認飛行物体の目撃情報が144件報告されている。

■「米国防総省は情報開示への扉を閉ざそうとしている」

 国防総省は発表された声明の中で「未確認飛行物体の性質と起源についての理解を深め、洞察を得るためにUAPTFを設立した」と述べている。そして「UAPTFの使命は、米国の国家安全保障に脅威を与える可能性のある未確認飛行物体を検出、分析、分類することである」と述べた。

ペンタゴン「UFO対策部署」新設に元職員が重大な懸念表明! 未確認飛行物体の技術・情報は誰のものなのか!?の画像1
ペンタゴン 「U.S. News」の記事より

 しかし元国防総省当局者はこのニュースに対して、UAPTFは新しい任務に取り組むには、全く準備が整っておらず、人員配置も不適切だと述べている。

 非公式防衛部門ユニットの元責任者ルイス・エリゾンドは、かつて米軍のUFO報告を分析する任務に従事しており、UAPTFについて深い懸念を抱いているとインタビューで明かした。

 エリゾンドによれば「UFOは、単なる国防諜報部門の管轄ではないはずです。このトピックを機密情報にしたければ、国防省が担当することが最適でしょう。現に、彼らはこれまでに4年もかけて、公益のための取り組みはほとんどありません」と指摘。

 そして一部のUFO研究者は「明らかに米国防総省はオープンな情報開示への扉を閉ざそうとしている」という。スウェーデンに本拠を置き、UFO研究者に情報を提供し、専門図書館を運営する団体「Archives for the Unexplained」の創立者クラス・スヴァンは、「米国防総省がUFOの調査に民間人の干渉を望んでいないことは明らかだ」と指摘する。

 UFO情報の隠蔽を目論む国防総省に対する動きとしては現在、上院議員カーステン・ギリブランドから国防権限法(NDAA)修正案が提出されている。この「ギリブランド修正案」は、政府にUFO現象を機密扱いとせず、年次報告書の提出を義務付ける、情報公開の促進と透明性を高める目的を持ったものだ。支持者たちは、この法案が通れば、開示された情報を使用して将来「高度な特性とパフォーマンスを複製する」「UAPをリバースエンジニアリングするための、資金提供要求を正当化できる」と語る。

ペンタゴン「UFO対策部署」新設に元職員が重大な懸念表明! 未確認飛行物体の技術・情報は誰のものなのか!?の画像2
2015年に国防総省が提供したジンバルというラベルの付いたビデオ。画像の中央に、説明のつかないオブジェクトが表示されている 「U.S. News」の記事より

■事実が公開されれば隠蔽が明るみになる

 クリストファー・メロンはビル・クリントン大統領とジョージ・W・ブッシュ大統領のインテリジェンス防衛副次官補、および上院インテリジェンス委員会のスタッフを務めた人物だ。そのメロンも、エリゾンドと同様の懸念を述べる。メロンは国防省が、UFOとの遭遇分析の任務を一時的ではなく今後継続して担うという事実に、ショックを受けたと表明した。

 メロンは国防省の新組織について、「ギリブランド修正案が要求する、強力なUFO調査を実行するための資金調達、ライン権限、契約、コマンド、または技術的能力を持たず、単なる監視組織」だと指摘した上で、「国防省がUFOの問題に効果的に取り組めないのは、2004年以来ほとんど変わっていない」と語る。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

ペンタゴン「UFO対策部署」新設に“重大な懸念”! 元職員が表明!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル