自殺未遂、なりすまし… 未解決『富山市会社役員夫婦放火殺人事件』の不可解な展開が示す真犯人像

自殺未遂、なりすまし… 未解決『富山市会社役員夫婦放火殺人事件』の不可解な展開が示す真犯人像の画像1
画像は「Getty Images」より

前編はコチラ!

 当初報じられていたように、仮に警部補が最も疑わしい人物であったとすると、そもそもなぜ警部補は、A夫妻を殺害したのかという点について、筆者は明確な答えを得ることができないのだ。たしかに警部補は借金まみれで金に困っていただろうし、A夫妻と長い付き合いであったという話も、おそらくは事実であるだろう。この2点だけを見れば、借金をめぐるトラブルが原因であると誰しも思うところだろうが、だからと言って即、殺人に及ぶかといえば甚だ疑問なのだ。というのも、逮捕されたCは警部補という立場を悪用して手に入れた薬物捜査に関する情報を、「知人」に提供することで小銭を稼ぎ、糊口を凌いでいたような人物なのである。それは言ってしまえば“小者”の犯行だ。仮にこの犯行が事実ならば、殺人+放火などという、ハイリスクでしかない犯罪を引き起こすような犯人像とは一致するようには思えないのである。しかも、高齢夫妻が相手とはいえ、単独で白昼堂々と家に押し入り、夫妻を「絞殺」するというのは、仮に殺害自体が目的であったとすると、完遂できる確率がそう高いとは思えず、下手すれば何も成し遂げられないまま、逮捕されてしまう可能性も高いだろう。果たして、このような無謀ともいえる事件を、多くの犯行パターンを知っているはずの現職の警部補であるCが行うだろうか。そのため、筆者は、「犯人は警部補と関係のある人物によって引き起こされ、警部補自身は生活苦から結果的に協力させられた」と見ているのだ。

 もし、自分が小銭欲しさから手を出した「ささやかな不正や悪行」が、結果としてはからずも数十年来の付き合いである老夫婦の命を奪う形となってしまったら…… 警部補が事件のおよそ3カ月後に自殺未遂を図ったのも、彼の人柄などを考慮した上で考えると、妙に合点がいくのである。おそらく彼が協力したのはAさんに関する情報の提供や、場合によっては合い鍵の作成ないし、セキュリティー解除方法のレクチャー、あるいは犯人が犯行に際して所望し、後に警部補自身が自殺に用いた睡眠薬の転売といったレベルの協力ではないだろうか。無論、根拠なぞ一切ないが、「事件における犯人像」という点で、筆者はそんなふうに感じてしまうのだ。

 では、警部補をハメ、あるいはそそのかす形で手筈を整え、Aさんを殺害したのは一体誰か。これはあまりに資料が少ないために断じることが難しいが、少なくとも「警部補になりすましてパソコンを使い、週刊誌にネタを売るような素振りが見せられる人物」であることだけは事実であろう。そしてその人物が誰なのかは、警部補自身が一番良く知っているのではないだろうか。しかし、警部補はおそらくその人物について口を割ることは今後もないだろう。なぜなら、彼はその人物に弱味を握られた上で脅され、どこにも逃げ切れないということをよく知っているからだと容易に想像できるからだ。

 こうした理由から、今の時点でも、その解決までの道のりが困難を極めるのものであることがわかるこの事件。今後も、その全容が白日の下に晒され、解決を迎える日がくる確率は、極めて低いと筆者は感じているが、逆にそうした事件であるだけに、遺族の胸中は察するにあまりあるところである。

前編はコチラ!

文=野島居慎太郎

日本の凶悪事件に詳しいライター

野島居慎太郎の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

自殺未遂、なりすまし… 未解決『富山市会社役員夫婦放火殺人事件』の不可解な展開が示す真犯人像のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル