マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路

マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路の画像1画像は、「YouTube」より

 幻覚作用を引き起こすきのこは「マジックマッシュルーム」と呼ばれる。マジックマッシュルームは200種以上存在し、世界各地に広く自生する。日本では「ワライタケ」「シビレタケ」などの毒きのことして知られてきた。

 米国の菌類学者、スティーブン・ポロック(1947~1981)は、マジックマッシュルームに魅了されたマッドサイエンティストだった。

マジックマッシュルームに魅了された菌類学者

 マジックマッシュルームは、麻薬に指定されるトリプタミン系アルカロイドのシロシビンやシロシンを含む。

 1970年代以前の米国では、サイケデリック治療(幻覚剤の医療効果)の研究で注目された。しかし、ヒッピーカルチャーの流行で幻覚剤が娯楽となったため、政府による法規制が進み、サイケデリック治療の研究もほとんどが停止した。現在、マジックマッシュルームの所持は犯罪とされる。

マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路の画像2画像は、「YouTube」より

 日本でも、マジックマッシュルームが原因と疑われる中毒や事故が頻発したことから、2002年にマジックマッシュルームは「麻薬及び向精神薬取締法」の麻薬原料植物として指定された。現在はその栽培、輸入、譲渡、譲受、所持、施用などが禁止されている。

 アステカ帝国(現メキシコ)などでは、マジックマッシュルームが「神聖なきのこ」とされてきた。また、サンタクロースの正体が、「神聖なきのこ」を集めて乾燥させ、冬至になるとそれをプレゼントとして配っていたシャーマンだった、という説も提唱されている。

 場合によっては、マジックマッシュルームは胞子が宇宙から地球に飛来した、人類にメッセージを送信する地球外生命体であるなど、妄想にもとづいた説がささやかれることもある、

 ポロックは伝承や妄想を排除し、マジックマッシュルームを医学利用しようとした。

きのこ栽培キットの販売から大麻農場の経営へ

マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路の画像3画像は、「YouTube」より

 1977年9月3日、フロリダ州タンパで開催された「第2回国際菌学会議」において、ポロックは、同じく菌類学者のゲイリー・リンコフとともに発見した新種のマジックマッシュルームを「Psilocybe tampanensis」と名付けた。

 ポロックは、学術誌「Journal of Psychedelic Drugs」などで、マジックマッシュルームが病気を治療し、生活の質を向上させる可能性について幅広く論じた。同時に、きのこ研究センター建設のために数百万ドルの資金調達を計画し、臨床研究を進めた。自閉症の子供たちにシロシビンを投与して良好な結果を得たと発表したり、きのこを採取するため南米を旅行したりした。数十の菌株と4種の新しいきのこを発見するという功績も残した。

 一方、ポロックは「ヒドゥン・クリーク」という名前の会社を設立し、マジックマッシュルームの栽培キットを販売した。この栽培キット販売は合法だった。というのも、マジックマッシュルームの胞子には麻薬などが含まれていないため、胞子を販売すること自体は違法にならないからである。

マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路の画像4画像は、「YouTube」より

 ヒドゥン・クリークは雑誌に広告を出し、読者からの支持もあって成功を収めた。そこにはポロックの並々ならぬ情熱があった。当時のポロックのガールフレンドは「私たちはほとんど出かけませんでした……。私たちのデートは朝早くからきのこの瓶を振って過ごすことで、セックスはしばしば技術的な雑談によって中断されました」と語るほどだった。

 残念なことに、きのこ栽培キットの販売だけでは、きのこ研究センター建設のための資金を集めるというポロックの目標は達成できなかった。そこでポロックがドラッグに目を付けた。テキサス州サンアントニオから数マイル離れた場所で大規模な大麻農場を経営し、12月に大麻を収穫して全国に郵送販売するつもりだった。街中の麻薬の売人は全員ポロックの名前を知っているほどで、最終的に麻薬取締局(DEA)の監視対象になったという。

 ジャーナリストのハミルトン・モリス氏は、DEAはポロックの大麻農場を飛行機で爆撃しようとすると同時に、おとり捜査官がポロックから処方箋を受け取って、それを根拠に起訴しようとしていたと述べる。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

マジックマッシュルームに魅了された粘菌学者はなぜ殺されたのか? マッドサイエンティストの末路のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル