ベトナム戦争で目撃された有翼人型未確認生物「翼のある女」とは? モスマン、バットスカッチ、ロックエイプも紹介

関連キーワード:

,

,

 人類は何世紀にもわたって有翼獣人に憧れてきた。古くはギリシア神話の時代から、その憧憬を確認できる。たとえば世界的に有名な「サモトラケのニケ」は有翼の勝利の女神だ。スポーツ用品メーカーNIKEは、選手たちに勝利を贈ろうとニケの翼をロゴマークにしている。

 一方、世界各地の神話・宗教においては、翼をもつ神々や天使などが確認されている。科学的には、これら架空の存在は翼を持たない人間の憧れとして理解されてきた。しかし、最近年の報告事例によれば、そうではないかもしれない。

モスマン

ベトナム戦争で目撃された有翼人型未確認生物「翼のある女」とは? モスマン、バットスカッチ、ロックエイプも紹介の画像1
画像は「Getty Images」より

 現在もっとも有名な未確認人型有翼生物といえば、米国の「モスマン」だろう。1966年11月22日の最初の目撃に始まるモスマンの伝説は、1967年12 月15日に確定的なものとなった。同日、ウェストバージニア州ポイント・プレサントに設置されたシルバーブリッジの崩落により46人の市民が犠牲となった。生存者の多くが「金属棒に何かが潜んでいた」「大きな翼をもつ人型の何かがいた」と証言したことで「モスマン」は全米で有名となる。この街とモスマン伝説の経緯については、ジャック・デイリー著「物語の簒奪:モスマンとシルバー・ブリッジ崩壊」に詳しい。では、これらは半世紀も前の都市伝説なのか。

 否。近年にも報告があるのだ。2016 年11月、地元のハンター2人がモスマンに酷似した生物の写真撮影に成功したと話題になった。つまり現代でも目撃報告がなされている。

 目撃報告は、奇妙にも一致している。生物は赤い目を輝かせ、体高は210㎝ほど、翼を広げると3mほどになる。モスマンは都市伝説を超えて、現実の存在として人々に受け入れられているのだ。事実、モスマン展示館、モスマン・フェスティバルなどが開催されている。

 また今までにモスマンを主題とした映画は数作あるが、2022年6月には新たに映画「モスマン」が製作開始している。モスマンは現在進行形の未確認生物、有翼獣人として人々に受容されているのだ。それでは、他にどんな事例があるのか。

バットスカッチ

 ケネス・アーノルド、この名前を聞くと1947年6月24 日、ワシントン州のマウント・レーニア国立公園付近のUFO目撃事件を思い出す人も多いだろう。ところが、約50年後、同じレーニア山近辺で奇妙な人型有翼生物の目撃報告がある。

 1994年4月16日、土曜の夜9時半に、若い男性は「悪魔のような獣」に遭遇したという。目撃者はブライアン・キャンフィールド氏だ。目的地に向かってトラックで走行中、なぜかエンジン・トラブルで停車。すると目前に黒く暗褐色の巨大人型生物が舞い降りた。目算で7mにも及ぶ怪物だった。この事件以降、この未確認生物はワシントン州「バットスカッチ」として広く知られるようになった。2009年には、シャスタ山でのハイカーの証言、またレーニア山近くの空中でバットスカッチと衝突した可能性を指摘するパイロットからの報告がある。

 このような報告事例は世界中に点在している。たとえば英国コーンウォールでは1976年に「オウルマン(梟人間)」の目撃報告が多数ある。人型有翼生物であり、大きな翼、燃えるような赤い目、爪を持っていたという。一方、スコットランドやウェールズにおいては、死を告げる有翼女型の怪物「グラッハ・イ・リビ:Gwrach-y-rhibyn」の伝説がある。片目が灰色で、もう一方が黒いと伝えられる。再び米国に目を移すと、1953年のヒューストンでも奇妙な報告がある。蝙蝠男としか言いようがない獣人の目撃証言だ。住民3人が目撃した謎の生物の身長は2mほどだった。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

ベトナム戦争で目撃された有翼人型未確認生物「翼のある女」とは? モスマン、バットスカッチ、ロックエイプも紹介のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング更新

トカナ TOCANA公式チャンネル