乗組員が忽然と姿を消した「幽霊飛行船L-8事件」とは? 80年経ても解明されない謎

関連キーワード:

,

,

乗組員が忽然と姿を消した「幽霊飛行船L-8事件」とは? 80年経ても解明されない謎の画像1
画像は「Unexplained Mysteries」より

 1942年8月、アメリカにてある飛行船が姿を消し、数時間後に乗員全員が行方不明になった状態で再び姿を現すという事件が起こった。

 この飛行船はL-8というアメリカ海軍のLクラス飛行船で、カリフォルニア州サンフランシスコのトレジャー島を離陸したものの、すぐにファンストン基地付近の海上で消息を絶ってしまった。幸い数時間後に再び姿を現したのだが、飛行船はまるで誰も操縦していないかのように風に流されており、やがてサンフランシスコの南に墜落した。墜落現場を調査したところ、離陸時に乗っていた2人の乗組員が姿を消していたことが判明したのである。

 何らかのトラブルで乗組員が飛行船から脱出したのかとも思えたが、船内にはパラシュートや非常用ラフト等のすべてがそろっており、無線も問題なく機能していた。しかも、船体には損傷や事故があった形跡がなかったのである。

 結局、2人の乗組員の痕跡は何一つ発見されず、80年たった今でもこの事件は謎だらけの消失事件とされている。

参考:「Unexplained Mysteries」、ほか

編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

乗組員が忽然と姿を消した「幽霊飛行船L-8事件」とは? 80年経ても解明されない謎のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル