【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 深すぎる闇!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 闇が深すぎる!の画像1画像は、「The Sun」より

■美少女失踪事件の経緯

 1983年6月22日、バチカン市国でエマヌエラ・オルランディいう少女(当時15歳)がフルートのレッスンの帰りに行方不明となった。

 エマヌエラの家族はバチカン市国に住んでおり、父親はバチカン職員で、エマヌエラは5人の子供のうちの4番目だった。教皇庁聖音楽研究所に属するトマソ・ルドヴィコ・ダ・ヴィクトリア学校で週に3回フルートのレッスンを受けており、レッスンに通うためにバスを利用していた。

 事件当日のエマヌエラはレッスンに遅刻した。さらにレッスンに集中できない様子で、午後6時50分頃に早退させられた。友人らは、バスに乗ったエマヌエラが赤毛の女性乗客と話す姿を目撃した。また、エマヌエラが路上で大きなグリーンのBMWに乗った男に止められている光景を見たとの証言もある。この日遅く、彼女は自宅に電話し、姉と話したのを最後に失踪した。姉によると、エマヌエラは電話で遅刻について説明し、エイボン化粧品の代表者から仕事のオファーを受けたと話したという。姉は、オファーを受けるかどうか決める前に両親と話し合うようアドバイスしていた。

 翌日、エマヌエラの両親は音楽学校の校長に電話し、娘の居所を知るクラスメイトがいないか尋ねたが一向に行方は掴めなかった。警察は、エマヌエラが友達と一緒にいるのかもしれないと考え、まずは待ってみることを提案していたが、結局この日にエマヌエラは正式に行方不明者として登録され、各新聞にはオルランディ家の電話番号とともに失踪の情報が掲載された。

【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 闇が深すぎる!の画像2エマヌエラ・オルランディ 画像は、「The Sun」より

■錯綜する情報…… 真実はどこに?

 翌日から、オルランディ家にはエマヌエラの居場所に関する情報を寄せる電話が次々とかかり始めた。「ピエルルイジ」と名乗る男性は、彼のガールフレンドが、エマヌエラの特徴と一致する少女がフルートを演奏し、「バーバラ」という名前で化粧品を売っている光景を見たと告げた。別の男性「マリオ」も、エマヌエラによく似た少女が「バーバラ」と名乗り、他の女性と一緒に化粧品を売っていたと語った。他にも、家族は何百ものいたずら電話や不可解なメッセージを受けたが、どれもエマヌエラの発見にはつながらなかった。

 同年7月3日には、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世が「私の心はオルランディ家とともにあります」と述べて祈りを捧げている。その約2日後、何者かがオルランディ家とバチカンの両方に電話をかけ、1981年に教皇を銃撃したトルコ人、メフメト・アリ・アジャの釈放を要求するために“組織”がエマヌエラを誘拐したのだと訴えたが、結局エマヌエラ発見につながることはなく、事件は未解決のまま長い年月が過ぎ去った。

 2018年にはバチカンで正体不明の骨片が発見され、エマヌエラではないかと話題になったが、検査の結果、エマヌエラのものではないことが判明している。さらに2019年、エマヌエラの家族は「彼女はバチカンのチュートン墓地に埋葬された」と書かれた匿名の手紙を受け取った。「天使(像)が指している場所(墓)を見てください」という手紙の指示に従い、警察が墓を発掘したところ2体の遺体が見つかるも、いずれもエマヌエラではなかった。

 このように、さまざまな情報が寄せられながらも事件は長きにわたり解決されず、今も多くの人々の関心でありつづけている。ところが昨今、捜査の大きな転機となる有力な情報が次々と明らかになってきたのだ。

【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 闇が深すぎる!の画像3画像は、「The Sun」より

 捜査の最前線では今、数々の証言や不審な動きから、ローマを拠点とするマフィア「マリアナ・バンド」の元リーダー、エンリコ・デ・ペディス(故人)が有力な容疑者として浮上したと考えられている。しかも、バチカン当局は事件の真相を把握していながら何らかの理由で隠蔽しているとの疑惑まで囁かれ始めているのだ。

 たとえば、サルヴァトーレ・サルナタロという男性は「マフィアの構成員である息子のマルコがデ・ペディスの命令でエマヌエラを誘拐する犯罪に加担したようだ」と明かした上、「なぜ息子が、この誘拐事件における自分の役割について、私に話すことにしたのかよくわからない」と証言。これは、息子の死から約1年後(2008年)の証言だったというが、どういうわけか今月になってようやくイタリア紙「La Repubblica」で報じられたという。そして実際、エマヌエラの友人の目撃談や、警察の所有する写真から、マルコがエマヌエラを失踪数日前から付け狙っていたことも判明している。

【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 闇が深すぎる!の画像4「マリアナ・バンド」のエンリコ・デ・ペディス 画像は、「The Sun」より

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

【未解決】39年前のバチカン美少女失踪事件に新展開! 高官の不審な動き、マフィアの証言… 深すぎる闇!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル