『エコノミスト2023』の表紙に描かれた暗黒予言! 日本がウクライナ化、中国やトルコも戦争に突入か?

――予言研究家・白神じゅりこが寄稿!

 イギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』は、毎年年末に次の年を予想する『世界はこうなる』シリーズを出しているが、そこで語られている内容はこれからの指針になるとして、世界中の政治家やリーダーそしてビジネスキーパーソンからも重視されている。

 そして、同誌はロスチャイルドが株主であり、その内容以上に表紙の図柄が未来を予言しているとして陰謀界隈からも注目されているのだ。

 今年もまた毎年恒例の『The World Ahead 2023』が刊行され、早くもネット上ではさまざまな推測が飛び交っている。では、現代の予言の書の同誌から、来年どんな年になるのかを筆者の考察も含めて速報的に読み解いていこう。

2023年は予測不可能な厄災が起こる?

『エコノミスト2023』の表紙に描かれた暗黒予言! 日本がウクライナ化、中国やトルコも戦争に突入か?の画像1
画像は「Getty Images」より

 編集者トム・スタンデージ氏は、『The World Ahead 2023』について、「パンデミックが当面の未来を形作る影響力を持ってから2年後、現在の主な原動力はウクライナでの戦争です。今後数カ月間、世界はウクライナの戦争が地政学と安全保障に与える影響をめぐる予測不可能な事柄に取り組まなければなりません」と話す。

 新型コロナウイルスによる世界的な災いとロシアとウクライナの戦争が、インフレを制御するための闘争、エネルギー市場の混乱、さらに中国の脅威などやっかいな事態をますます複雑化していると、スタンデージ氏は指摘している。

 パンデミックと戦争といった大きな厄災が立て続けに起こったことで、専門家も予測が難しいほど、世界は混乱してしまったようだ。

『The World Ahead 2023』において、スタンテージ氏は来年注目しているテーマが以下だ。簡潔に紹介しよう。

1. ウクライナ

 エネルギー不足とアメリカの政治的変化がウクライナを支持する西側諸国を弱体化させるために、ロシアはウクライナとの戦争を長引かせようとするであろう。

2. 不況

 エネルギー価格の高騰によって引き起こされたパンデミックの後遺症が経済に影響を及ぼす。中央銀行がインフレを抑えるために金利を引き上げるため、主要な経済は景気後退に陥る。不況の痛みは世界的なものになる。

3. 再生可能エネルギー

 各国がエネルギー供給を確保しようと急ぐ中、化石燃料に逆戻りしているが、戦争によって再生可能エネルギーへの転換が加速する。風力や太陽光だけでなく、原子力や水素も再生可能エネルギーとしての恩恵を受ける。

4. 中国の終焉

 来年の4月のある時点で中国の人口(約 14 億 3000 万人)はインドに追い抜かれる。中国の人口減少が経済成長の鈍化に繋がり、アメリカを追い越すことはできない。

5. アメリカの分断

 中間選挙において、トランプ前大統領が影響力を持つ共和党は予想よりも悪い成績を収めた。しかし、リベラル系の民主党と保守系の共和党の対立は激化しており、中絶、銃、その他のホットな問題に関する社会的および文化的格差は拡大し続けている。アメリカの分断は進み、2024年の大統領選挙へのトランプ氏の正式な参加表明が分断を加速させる。

6. 注目すべき紛争

 ウクライナでの戦争に世界が注目することで、他の場所での紛争のリスクも高まる。中国は今こそ台湾に侵攻する絶好のタイミングだと考えるかもしれない。また、ヒマラヤ周辺では、インドと中国の緊張が高まる可能性がある。トルコはギリシア系住民とトルコ系住民で紛争が続くキプロス島を手に入れようと本格的な軍事行動に出るかもしれない。

7. 同盟関係の変化

 地政学的な変化でいろいろな同盟関係も変化していくだろう。たとえば、ウクライナ戦争で活性化した北大西洋条約機構(NATO)は、2つの新しいメンバーを加入させる。

8. 旅行業界の盛り返し

 新型コロナウイルスのパンデミックによるロックダウンで長らく旅行が難しい状況だった。しかし、2023年の旅行者の支出は、新型コロナウイルスが流行する以前の2019年の1.4 兆ドルの水準にほぼ戻るだろう。しかし、企業がコストを削減しているため、出張は引き続き低迷する。

9. 仮想世界がより現実的に

 仮想世界で仕事をしたり遊んだりするアイデアが普及する。AppleがAR/VRヘッドセットを発売し、それに呼応するかのように株価の低迷にあえぐMeta社も戦略を変更するであろう。

10. 2023年に流行する新しい専門用語

 パスキーは2023年に知っておくと役立つ専門用語である。パスキーとはAppleの年次開発者向けイベント「WWDC22」にて発表した、パスワード不要の次世代のサインイン方法である。また、暗号通貨は時代遅れになり、次は量子暗号は熱いだろう。 

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

『エコノミスト2023』の表紙に描かれた暗黒予言! 日本がウクライナ化、中国やトルコも戦争に突入か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル