トルコで発見された「円盤型遺跡」の謎! 失われた古代都市に宇宙人が関与か?

関連キーワード:

,

,

,

トルコで発見された「円盤型遺跡」の謎! 失われた古代都市に宇宙人が関与か?の画像1
画像は「Curiosmos」より

 トルコでの考古学的発掘により、円形で円盤状の古代建造物が発見され、考古学者らは、長い間失われていた古代都市ジッパランダの主神殿であったかもしれないと述べている。

 トルコ中北部のウシャクル・ホユックと呼ばれる場所で発見されたこの構造物について、特に興味深いのはその形状だ。空飛ぶ円盤やUFOの典型的な描写に似ていると考える人も少なくない。しかも、この謎めいた古代の構造物は、”氷山の一角“に過ぎないと考えられており、類似した構造物の多くがまだ地中に埋もれている可能性があるという。

※ UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)は、説明のつかない航空現象をすべて含むが、現在は「宇宙人の乗り物」という意味で用いられることが多い。そのため、現在アメリカ軍では「宇宙人の乗り物」という意味合いが強くなったUFOに替えて、説明のつかない航空現象に対し、「UAP(Unidentified Aerial Phenomena:未確認航空現象)」という呼称を採用している。最初のUFO目撃談とされる1947年の「ケネス・アーノルド事件」で、実業家のケネス・アーノルドが目撃した飛行物体について「水の上を滑る円盤のように」動いていたと描写したことから、宇宙人の乗り物を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と言うこともある。

 形状の特異さを差し置いても、この発見は専門家らの間に興奮を呼び起こしている。ヒッタイトの失われた古代都市「ジッパランダ」を発見したのではないか、というのである。

 ヒッタイト人は紀元前18~17世紀頃にアナトリア高原(小アジア)に強力な国家を建設した。バビロン第一王朝をほろぼし、シリア遠征ではエジプトとも戦った。ただ、今日までその全貌は謎に包まれており、芸術作品から当時の状況を間接的に知られているだけだ。ヒッタイトが強力な国家を築き上げられた理由の1つは鉄の製錬技術によるものだといわれている。当時、青銅器しかなかった時代にヒッタイトは鉄器を生み出した。隕石から鉄を取り出していた。

円形の構造物

 発見された構造物はジッパランダの主要な神殿である可能性が高いという。ただし、正確な解釈は今のところ困難であり、地表の下に何があるのか、今発見されたものを解明するには、さらなる発掘調査が必要とのことだ。それでも、イタリア・ピサ大学の研究者であるアナクレート・ダゴスティーノ教授によれば、これまでに発見されたものから、この建造物は儀式が行われた場所であると考えるに十分な根拠があるという。

ジッパランダとは?

 ジッパランダが重要視されたのは、ヒッタイト古王国時代にも特権を保っていた古代ハティックの宗教建築の一つだったからだ。ジッパランダの天候神はヒッタイトの最も重要な神々の一柱であったため、この都市の考古学的重要性は高い。もし、この古代遺跡が本当にジッパランダであると確認されれば、驚くべき発見となるだろう。なぜなら、ヒッタイト人は、現在のトルコのアナトリアの一部を占めていた最も強力で影響力のある古代文明の一つであり、ヒッタイト人は、古代エジプト王国の偉大なライバルであったことが知られている。ジッパランダの発見は古代史を紐解く上で非常に価値が高いのだ。

トカナ的考察

 ただし、そうした考古学的関心の他に“宇宙的”関心も向けることができるだろう。ヒッタイトが青銅器時代に鉄の製錬技術を持ち、強大な国家を建設したことは先に述べた。その類稀な技術力は「古代宇宙飛行士説」を彷彿とさせはしないだろうか。高度な技術力を持つ地球外知的生命体=宇宙人が人類に知恵を授けたのではないかという説だ。

 発見された円盤型の構造物が神殿というのも無視できないだろう。まるでUFOに乗ってやってきた宇宙からの来訪者を崇敬しているかのようだ。こうした稀人=神の乗り物を神聖視する形態はメラネシアのカーゴ・カルトにも見られる。カーゴ・カルトでは先祖が白人の姿になり飛行機や汽船に乗って来訪すると信じられている。

 さらに興味深いのがヒッタイト王国の滅亡の謎にまつわるものだ。非常に強大な国家であり、古代エジプト文明に並び立つ存在だったヒッタイトだが、紀元前12世紀頃に出自不明の「海の民」により滅ぼされている。この謎に包まれた海の民を宇宙人ではないかと考える人々もいる。神=宇宙人の怒りに触れたのだろうか?

『旧約聖書』において、ヒッタイト人は“ヘテ人”として登場する。「申命記」にある「あなたの神、主が、あなたの行って取る地にあなたを導き入れ、多くの国々の民、ヘテびと、ギルガシびと、アモリびと、カナンびと、ペリジびと、ヒビびと、およびエブスびと、すなわちあなたよりも数多く、また力のある七つの民を、あなたの前から追いはらわれる……」(Wikisourceより)という記述が関係しているかもしれない、

参考:「Curiosmos」ほか

TOCANA編集部

TOCANA|UFO、心霊、予言など未知の世界の情報を発信、好奇心と知的欲求を刺激するメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

トルコで発見された「円盤型遺跡」の謎! 失われた古代都市に宇宙人が関与か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル