100人以上の少年をレイプ&殺害… パキスタン史上最悪の連続殺人鬼ジャベド・イクバルの狂気

 1年足らずの間に100人の少年に性的暴行を加えて殺害したパキスタン最悪の連続殺人鬼はどうやって生まれたのか? そこには警察と世の中への煮えたぎる復讐心があったという――。

100人もの少年たちに性的暴行を加えた挙句に殺害

 20世紀末のパキスタンで100人の少年の命を奪った極悪非道の限りを尽くした連続殺人鬼がジャベド・イクバルである。彼を大量殺人という極悪非道のハードワークに駆り立てたものは何だったのか。

 ジャベド・イクバルは富裕な実業家一家の8人兄弟の6番目の子どもとして1956年に生まれた。学校を卒業した後は、父親の後援を受けて起業し再鋳(鋳物の鋳直し)ビジネスをはじめ、父から譲り受けた別荘で暮らしていた。

100人以上の少年をレイプ&殺害… パキスタン史上最悪の連続殺人鬼ジャベド・イクバルの狂気の画像1
ジャベド・イクバル 画像は「Wikipedia」より

 イクバルには結婚して家族を持とうする気配はなく、別荘の屋敷にはどこからか連れてきたと思われる少年たちが多く出入りしていた。

 数多くの子どもたちと接触するために、イクバルはシャドバーグの街でゲームセンターを開業し、少年には割引料金を適用し時には無料で遊ばせた。

 地元の少年たちのたまり場となったゲームセンターだったが、イクバルは時折、100ルピーの紙幣を床に落として放置し、それを拾って持ち去ろうとする少年を注意深く観察した。そして紙幣を黙って拾い上げて身に隠した少年に接触し、今の君の行為は窃盗だと脅して言いくるめて支配下に置いたのである。

 脅された少年は別室に連れて行かれてそこでイクバルから性的虐待を受けた。それが終わると、口止め料として一度は取り返した紙幣を渡して少年を帰らせたのだった。

 子ども持つ地元の敏感な親たちはこのゲームセンターに何か不穏なものを感じ取り、子どもたちに行くことを禁じた。

 こうしてゲームセンターは閑古鳥が鳴くようになったのだが、 懲りないイクバルはその後には観賞魚ショップとスポーツジムを開業して再び少年たちを集めたのだった。

 イクバルの少年への執着は危険な方向へと転がりはじめる。1998年頃から“ターゲット”を貧しい孤児の少年や家出少年に切り替えたのである。

 イクバルは街で見つけたこれらの少年たちを次々に自宅に連れて行き、そこでレイプした後に絞め殺したのだ。その後にイクバルは彼らの体をバラバラにして細かく切り刻み、残骸を塩酸で溶かして殺人の痕跡を隠滅し、遺体の残骸があれば家の近くの川に捨てていた。そして1年ほどの間に100人もの少年たちに性的暴行を加えた挙句に殺害していたのである。

家出少年たちのレイプと殺人を自白

 なぜこのような狂気の大量連続殺人が実行できたのか。いくら殺人鬼とはいえ、この驚異的なペースで人を殺すことは過酷な重労働でもある。何か自分自身にもコントロールできない衝動に衝き動かされていたとしても不思議ではない。

 その根拠になるのかもしれないが、1999年12月にイクバルは警察と地元の新聞に手紙を送り、6歳から16歳までの100人の家出少年のレイプと殺害を自白したのである。そうでもしなければ、イクバルは自分が延々と少年たちを殺しを続けることになると考えたようである。後の供述で、もしこの時に自白しなかったならば自分は500人の少年を殺していたと語っている。

 手紙の中で彼は自分が行ったすべての記録を詳述し、犠牲者を絞め殺して解体した後、塩酸を張ったタンクを使用して遺体を処分し、遺体を地元の川に投棄したと説明したのだ。

 イクバルはこの自白の後、川で入水自殺することを計画していたが、死にきれずにいったん行方をくらますことになった。

 警察がイクバルの屋敷を家宅捜査すると、壁や床に多くの血痕があり、また手紙の中で少年たちを絞め殺すの使ったと記していたチェーンとロープがあった。そしてビニール袋に入れられた多くの少年たちの写真が見つかったのだ。各々の写真には手書きのメモが貼られ、少年たちの名前、年齢などの詳細な情報が書き記されていた。

 またおそらくは当局が発見できるようにと、塩酸で満たされた2つのタンクには溶解した遺体が捨てられずに残されていたのだった。

 イクバルの身柄を確保すべく、警察は大規模な捜索に着手したが、その数日後にイクバルは新聞社にあらわれて自首したのだった。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

100人以上の少年をレイプ&殺害… パキスタン史上最悪の連続殺人鬼ジャベド・イクバルの狂気のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル