究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人は“あの男”か!

究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人はあの男か!の画像1画像は、「The Sun」より

 1970年代、米ニューヨーク州ロチェスターで3人の少女たちが誘拐され、性的暴行を受けた後、首を絞めて殺害される事件が発生した。3人の少女のイニシャルはそれぞれCC、WW、MMで、しかも遺体はこれらのイニシャルに対応する場所で発見された。アガサ・クリスティの推理小説『ABC殺人事件』を彷彿とさせるこれらの事件は「アルファベット殺人事件」として知られることとなった。

 まず1971年11月16日、カーメン・コロン(当時10)が近所の薬局に買い物へ出かけたまま行方不明となった。2日後、半裸の遺体がチャーチヴィルで発見された。次に1973年4月2日、ワンダ・ウォルコウィッツ(当時11)が、近所のスーパーマーケットで買い物をしたのを最後に行方不明となった。翌日、遺体がウェブスターで発見された。そして同年11月26日、ミシェル・マエンツァ(当時11)が、ピザ屋で目撃されたのを最後に行方不明となった。2日後、遺体がマセドンで発見された。

 これら3つの事件では、少女の年齢や背景などにも共通点があった。少女たちは全員、カトリックの家族に育てられ、学校での成績は芳しくなかった。

究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人はあの男か!の画像2画像は、「The Sun」より

 5人の容疑者が取り調べを受けたが、結局は誰も起訴されず、事件は現在も未解決のままである。しかし、犯罪学者であり作家でもあるクリストファー・ベリー=ディー氏は最近、英紙「The Sun」のインタビューで、アルファベット殺人事件の真相を解明したと宣言した。彼は、殺人はすべて「ヒルサイド・ストラングラー」と呼ばれる連続殺人鬼、ケネス・ビアンキ(71)によって行われたと「100%信じている」と語ったのだ。

 ビアンキは、17歳年上の従兄弟であるアンジェロ・ブォーノとともに、1970年代のカリフォルニア州で女性を誘拐し、強姦して殺害した後、全裸の遺体を人目につく場所に捨てるという犯行を繰り返した。2人は10人目の女性を殺害した1978年1月にコンビを解消。しかし、ビアンキは翌年1月に単独で女性を殺害し、この事件がきっかけとなり逮捕に至り、芋づる式にブォーノも逮捕された。2人は強姦殺人罪で有罪となり、終身刑を言い渡された。

 ブォーノは2002年9月に刑務所内で死去したが、ビアンキは現在も刑務所で生活している。そしてビアンキは、かねてより彼が運転した車の色とタイプから、アルファベット殺人事件の容疑者の一人とみられてきた。

究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人はあの男か!の画像3画像は、「The Sun」より

 ベリー=ディー氏は、ビアンキと長期間にわたり連絡を取り続け、インタビューも実施した。そして、ビアンキが常習的な嘘つきで、1週間前に言ったこととは全く異なることを口走る傾向がある性質を踏まえて、彼がアルファベット殺人事件の犯人であると結論付けた。

 ビアンキは、ベリー=ディー氏によるインタビュー時、自分の血液型さえ偽った。FBIから血液型の情報を入手していたベリー=ディー氏がビアンキにこのことを問いただそうとしたところ、ビアンキは激怒して攻撃的になったという。

「私は小さな部屋で、拘束されていない彼にインタビューしました。彼はテーブルの向かいに座り、私をじっと見つめました。彼の目には怒りが感じられ、笑っていませんでした。そして彼が立ち上がって…… 警備員がドアを開けた後、虚勢を張って『二度と俺に近づくな、さもないとお前の忌々しい頭を引きちぎるぞ』と言い放ったのです」(ベリー=ディー氏)

究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人はあの男か!の画像4画像は、「The Sun」より

 ベリー=ディー氏は、ビアンキの母親であるフランシスの証言も真犯人がビアンキであることを裏付けていると考える。フランシスは息子の殺人をほのめかすことを口にしていた。

「『ケネスは拒絶に耐えられない』という彼女の言葉は、後から考えると、それが正しいかったことが証明されています。アルファベット殺人事件の頃、ビアンキは何人かの女性と付き合っては振られるという経験をしていました。最初は彼のハンサムなルックスに惹かれていた彼女たちも、彼の嘘と不貞にもはや耐えられなかったからです。これは彼の病状とも一致します。彼は、より弱い人たちへの『復讐』を求め、まさにそれを実行しました」(ベリー=ディー氏)

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

究極の未解決「アルファベット殺人事件」に新展開! 名前が理由で餌食に… 少女連続殺害の真犯人は“あの男”か!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル