今年2月UFOがアラスカで米戦闘機と交戦!? ミサイル効果なし、気球ではない“異常な物体”… 米ジャーナリストが暴露

【概要】

 今年2月、アラスカ上空で米戦闘機がUAP(未確認航空現象)を撃墜した。撃墜物についてあまり話題にならなかったが、米ジャーナリストが関係者に聞き込みをしたところ、それは中国の気球とは異なり、「異常」なものだったという証言を得たという。なんでも最新鋭のミサイルでも撃墜できなかったというのだ。その姿は米国防総省が公開したUAP映像に映されたチクタクUFOと似たものだったという。

【詳細】

 今年2月10日、アラスカ北部沿岸上空で米空軍の戦闘機・F-22が撃墜したUAP(※1)は何だったのか。あるジャーナリストはこの物体は“異常”なものであったと説明している――。

撃墜されたものの謎に包まれたアラスカ上空のUAP

 今年2月に中国の“偵察気球”がサウスカロライナ州沖上空で米空軍機によって撃墜されたことが大きなニュースになったが、その数日後に起きたアラスカ上空での撃墜劇は政治問題に発展しなかったこともありそれほど話題にならなかった。

 今年2月10日(日本時間11日)、アラスカ北部沿岸で高度1万2000メートルを飛行するUAPが確認され、アラスカのエルメンドルフ統合基地から2機のF-22がスクランブル発進し、飛行物体に向けて空対空ミサイル(サイドワインダー)を1発発射して撃墜した。ちなみにバイデン大統領が撃墜を命令している。

今年2月UFOがアラスカで米戦闘機と交戦!? ミサイル効果なし、気球ではない異常な物体… 米ジャーナリストが暴露の画像1
F-22 画像は「Wikipedia」より

 ホワイトハウスのジョン・カービー報道官は「この物体の所有者が誰なのかは分からない」と述べ、飛行物体の出自は不明だと付け加えた。

 国防総省の首席報道官であるパトリック・ライダー大将は、物体は小型車ほどの大きさだと説明し、撃墜される前に物体を観察していたパイロットらは、機内に人間の存在が存在しないことを確認したという。同氏はさらにこの機体には方向転換能力がなく現存の航空機とは似ても似つかぬものであり 「それ自体は航空機ではなかった」とメディアに語った。

 興味深いことに目撃に関与したパイロットたちの証言はかなりバラバラで整合性がなかった。物体が戦闘機のセンサーに干渉したという者もいたが、そのようなことは経験しなかったと証言する者もいた。また物体には認識できる推進装置が確認できず、どのようにして高度1万2000メートルで巡航できるのか説明できないと主張する者もいた。撃墜した物体はいったい何だったのか。

 2023年8月12日、調査ジャーナリストのロス・クルサート氏はオーストラリア・メルボルンのビクトリア州立図書館で開催されたイベントでこの件に関する自身の考えを語っている。

F-22パイロットが撮影した映像がリーク!?

 政府内部の関係者に接触を図り話を聞いたクルサート氏は、アラスカ上空のUAPはミント菓子のチクタク(Tic-Tac)型の形状であったと複数人から聞かされたと話す。“チクタクUFO”といえば、2004年にカリフォルニア沖上空で米海軍の空母ニミッツ艦隊が確認したUFOがまさにそれだ。

 クルサート氏はアラスカで撃墜された物体は中国の気球とは違うものであったと説明し、それは「異常」なものであったと指摘している。F-22がミサイルを物体に命中させたとき、何かが落ち、それは命中後も動き続けたというのだ。

「確かに、ある物体に向けてミサイルが発射されました。その物体は面白いことに、巨大なチクタクに少し似ていると表現されていました。(撃墜の瞬間に)その物体から何かが落ちるのが見えたといいます。最新鋭のミサイルであるAIMミサイルが命中したにも関わらず、それは動き続けたということです。そして私はこの件について国防筋や情報機関のさまざまな人々と話しましたが、その通りだと言われたのは、アラスカの物体は“異常”であったということです」(クルサート氏)

 クルサート氏は防衛担当者からもっと情報を入手したかったが、彼らはそれについて話し合うことに消極的だったという。具体的に何が“異常”であったのかを尋ねたところ、彼らは答えを拒否したということだ。

「しかしお気づきかもしれませんが、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)の歴史で初めてアメリカが北米上空で何かを撃墜したということについて、誰もアメリカ国民にも世界にも報告していないのです。それは歴史的な出来事です。しかし私たちもアメリカも、その撃墜に何が関係していたのか、その全容を知らされていません」(クルサート氏)

 そして撃墜の1カ月半後の3月24日、YouTubeに気になる動画が投稿されている。

 動画のタイトルは「Leaked – Clear video of Fighter Jet encountering a UFO over Alaska(流出―戦闘機がアラスカ上空でUFOに遭遇した鮮明な映像)」で、アラスカ上空のUFOビデオがリークされたと説明しているが、これが2月10日の撃墜に関係したものなのかは不明である。

今年2月UFOがアラスカで米戦闘機と交戦!? ミサイル効果なし、気球ではない異常な物体… 米ジャーナリストが暴露の画像2
F-22 画像は「YouTube」より

 しかし映像のUFOはまさに円盤型で、クルサート氏が関係者から聞いた「チクタク型」の形状とは異なる。動画のコメント欄にはフライト・シミュレーションやゲームの映像ではないかという指摘もあるようだが、いずれにしても詳しいことはわかっていない。

 回収されたはずだが当局からは何の報告もなく、疑惑が膨らむばかりのアラスカ上空で撃墜されたUAPについて、続報があればまたお伝えしたい。

参考:「Howandwhys」ほか

(※1) UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)は、説明のつかない航空現象をすべて含むが、現在は「宇宙人の乗り物」という意味で用いられることが多い。そのため、現在アメリカ軍では「宇宙人の乗り物」という意味合いが強くなったUFOに替えて、説明のつかない航空現象に対し、「UAP(Unidentified Aerial Phenomena:未確認航空現象)」という呼称を採用している。

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

今年2月UFOがアラスカで米戦闘機と交戦!? ミサイル効果なし、気球ではない“異常な物体”… 米ジャーナリストが暴露のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新