山村の連続タイヤ破壊魔「 タイヤスラッシャー」の正体がヤバい=イタリア

画像はGettyImagesより引用

 イタリア南部の山村で発生した連続タイヤ破壊事件は、 数ヶ月に渡り住民たちを苦しめてきた。
この奇妙な事件は、7月に モリーゼ地方のバストギラルディ村において、数台の車のタイヤが何者かによって破壊されたことから始まった。

 村人たちは、この謎の犯人「タイヤスラッシャー」 について隣人同士の復讐か、あるいはマフィアの脅迫めいたものではないかと考え恐れるようになった。副市長のレモ・スコチェラは当初、「非常に不可解です」「誰がタイヤをメチャクチャにしているのか、動機は何なのかを突き止めることができません」「 ここは平和な村です。不審な動きがあればいつでも察知できるので、外部の人間ではないことはわかっています」と説明した。

 約600人の住民が住むこのバストギラルディの要塞化された歴史 的中心部、タイヤスラッシャーはそこに駐車していた車を何度も標的にした。

 10月下旬には、さらに4件のタイヤのパンク・破壊が報告されたが、いずれの車も同じ場所に駐車されていたため、警察は民間人の格好に扮してパトロールを行い、犯人を探した。

 犯人は幾度も潜入捜査官をかわしたため、当局はその場所を見渡せる監視カメラを設置し、そしてとうとう事件は解決することとなった。タイヤスラッシャーの名はビリー、なんと駐車場近くに住んでいた犬であったのだ。設置された監視カメラには、 数台の車のタイヤに噛み付くビリーの様子がありありと映し出されていた。

 なぜビリーはタイヤに噛みつくようになったのだろうか。診察した獣医によると、彼は歯肉炎を患っており、痛みを和らげるためにこのような悪しき行動を起こした可能性が高いという。

 飼い主は、このようなビリーの不快感に気づかなかったのだろうか。それについては、結局のところ不明であるが、いずれにせよ問題となるのは、被害者である車の所有者側だ。特に2回以上攻撃された人にとっては、大変苛立たしいことであるし費用もかかってしまう。

 スコチェラは、「人々がタイヤをパンクされたために車で通勤することができず、また多額の費用がかかることは間違いありません」と言いつつ「 幸い今は解決していますが、 犯人が村の人ではなかったことは良いことです」と語る。

 当局は、過去数ヶ月間にこの犬の犠牲になった多くのタイヤの費用を負担す る責任があると述べている。その一方で、タイヤスラッシャーの正体が、疑いや陰謀で囁かれていたよりもはるかに脅威でないことが判明したのも事実であり、バストギラルディの住民は安堵のため息をついている。

【関連記事】
Mystery of tyre-slashing spree solved as Italian police collar dog with gingivitis
Serial Tire Slasher That Tormented Italian Village for Months Revealed to be Dog

【文 にぅま】

関連キーワード:, ,

文=にぅま(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

にぅま(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

山村の連続タイヤ破壊魔「 タイヤスラッシャー」の正体がヤバい=イタリアのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング更新