トランス女性、元恋人の冷蔵庫から自分の睾丸を取り戻す訴えが棄却される

 別れた元パートナーの冷蔵庫に保管してあった自分の睾丸を取り返そうと訴えを起こしたトランスジェンダーだったが、裁判所はその訴えを棄却した。いったいどういうことなのか――。

■トランスジェンダーが自分の睾丸の返還請求

 同性婚をはじめ多様な形態のパートナーシップが徐々に認められていく流れにあるが、そこには人間関係ならではのトラブルもじゅうぶんにあり得る。先日、あるトランスジェンダーが元パートナーの家の冷蔵庫に保管してあった自分の睾丸を取り返すための訴えを起こしたが、裁判官によってその訴えが棄却されるケースが起きている。

 米ミシガン州のトランスジェンダー女性、ブリアナ・キングスリー氏(40歳)は、手術で摘出した睾丸を廃棄したとして元恋人、ウィリアム・ウォジチョフスキー氏(37歳)を訴えたが、裁判官によって棄却された。ウォジチョフスキー氏は「屈辱を与えられた」として反訴を起こしたのだが、同様にこの訴えも棄却されたのである。いったい何が起きていたのか。

ブリアナ・キングスリー氏 「Daily Star」の記事より

 地元紙「Detroit News」によると、2人は2020年4月にFacebookのコミュニティで知り合い、2021年秋にウォジチョフスキー氏が購入した家で同棲をはじめたという。

 同棲期間中の2022年3月、キングスリー氏はヘンリー・フォード病院で睾丸の摘出手術を受けた。手術の費用は2万ドル(約300万円)であったが、キングスリー氏は障害者であるため費用は州が負担したという。

 手術後にキングスリー氏は摘出された自分の睾丸を瓶に入れて冷蔵庫に保管していたと語る。

 2人は見解の相違から2022年12月にパートナー関係を解消し、キングスリー氏は家を出ることになった。何度か自分の所有物を家から持ち出す機会があったのだが、最後に家に行った時にウォジチョースキー氏の妨害に遭い、冷蔵庫に保管されている睾丸を回収することができなかったというのである。

 これを不服としたキングスリー氏は「人骨標本」の即時返還を要求し、6500ドル(約100万円)の損害賠償を要求する訴えを起こしたのだ。

ウィリアム・ウォジチョフスキー氏 「Daily Star」の記事より

■「不当に裕福になることはできない」

 この訴えにウォジチョフスキー氏はすでに睾丸を捨てたと主張し、この事件が世に知られることで「屈辱を受けた」と述べ、同じく6500ドルの反訴を起こした。地方判事のジェレミー・ボウイ氏は2月7日、二人の請求を“引き分け”であるとしてどちらも棄却したのだ。

 もちろん冷蔵庫の中であっても睾丸を長期間保管できるわけではないだろう。ウォジチョフスキー氏は判事に対し、2022年7月にすでに腐りはじめていた睾丸を捨てたと語った。

「冷蔵庫の中でそれらが腐っていて、とても不快でした。食べたい食べ物と一緒にそこにあったのです」(ウォジチョフスキー氏)

 ボウイ判事は、睾丸はすでに捨てられていたため、返還を求める彼女の要求を認めることはできないとしながらも、彼女が要求していた6500ドルという数字をどうやって決めたのか疑問を呈した。

「たとえば、時給16ドルで仕事を休んでいたとしたら、その金額を見積もることはできますが、睾丸に関しては、実際には数値を推定することはできません」とボウイ判事は説明する。睾丸は価値を生み出しているわけではないのである。

 さらに「国(地方行政)はその(手術)費用を支払ったが、あなたは支払わなかった。あなたは不当に裕福になることはありません」とボウイ判事はキングスリー氏に説明した。

ウィリアム・ウォジチョフスキー氏(左)、ブリアナ・キングスリー氏(右) 「Daily Star」の記事より

 これに対してキングスリー氏は次のように答えた。

「それらは私の睾丸でした。私たちは私の睾丸について話しているのです。私はそれらを私の冷蔵庫に入れておきたかったのです。彼のものではありません。彼は私が自分の体の部分にアクセスすることを拒否しました。私はそうしません。それは数値化できると思います。被害はこれらの睾丸の損失でした」

 パートナーシップの多様性が進むにつれ、これまでには考えられなかった種類の意外な人的トラブルや訴訟が今後も持ち上がってくるのかもしれない。交際をはじめた当初の2人はもちろん破局など想定していなかったであろうが、本来の望み通りに今後はそれぞれ幸せになってもらいたいものである。

参考:「Daily Star」、「New York Post」ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

トランス女性、元恋人の冷蔵庫から自分の睾丸を取り戻す訴えが棄却されるのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル