22年間排便しなかった中国人男性の腹が「まじでやばい」

画像は、Gettyより引用


 22年間に渡り大便が出なかった中国の男性が手術を受けた。

 この匿名の男性患者は、 生まれつき下剤も効かない便秘にずっと悩まされており、 最終的に医師の診察を受けたという。上海第10人民病院のイン・ ルー医師は、初めて患者を診察したとき、まるで「妊娠9ヶ月以上」であるかのように見えたという。患者は、家族がその症状をあまり気にしていなかったために、自身ですら『 大したことではない』と思っていたというのである。

 しかし、 診察によってなんと大量の糞便が溜まっていることが判明し、2017年に3時間の手術で、その患者は約13キログラムの重さのある約76センチメートルもの結腸を切除しなければならなかった。この患者は、生後5, 000人に1人しか発症しないとされる「ヒルシュスルプング病」 と診断されたという。

 NHS(国民保健サービス)によれば、ヒルシュルプング病は、 便が腸に詰まってしまう非常に稀な病気で、 主に乳幼児に発症するという。NHSのウェブサイトによれば、

「通常、 腸は絶えずしぼんだり緩んだりして糞便を押し出しますが、 これは神経系によってコントロールされています。 ヒルシュスプルング病では、 この動きをコントロールする神経が腸の末端部分から欠落している ため、糞便が溜まって閉塞を形成します」
「これがひどい便秘を引き起こし、 時には深刻な腸炎を引き起こすこともあります」
ということである。

 症状は通常、生後まもなく顕著に現れるが子供が大きくなるまでわからないこともある。赤ちゃんの兆候としては、48時間以内にメコニウム( 健康な赤ちゃんが生後すぐに排出するタール状の黒っぽい便) が排出されない、お腹が腫れている、胆汁として知られる緑色または黄緑色の液体を出す、などがある。年長の乳幼児や小児では、お腹の腫れ、嘔吐、腹痛、 通常の治療では改善しない持続的な便秘、うまく哺乳できない、体重が増えないなどの症状が見られるという。

【関連記事】
https://www.indy100.com/science-tech/doctors-horrifying-surgery-constipated

【文 ZENMAI】

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:

文=ZENMAI(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

ZENMAI(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

22年間排便しなかった中国人男性の腹が「まじでやばい」のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル