UFOは「人類支配を計画する悪魔」によって送り込まれた!?UFO研究家が驚きの主張

Created with DALL·E

 UFOといえば宇宙人の乗り物であり、彼らの技術の粋を集めたものという認識が一般的なものだろうが、近年海外ではUFO現象に宗教的な意味を見出す人が増えているようだ。UFOを天使のような存在と考える人がいる一方で、陰謀論者のバート・シブレル氏のように、「UFOは悪魔によってもたらされたもの」とするまったく逆の考えを持つ人もいる。

 先日ポッドキャスト番組の『ジョー・ローガン・エクスペリエンス』に出演したシブレル氏は「悪魔のような存在がUFOを操縦しており、『人類を支配する』計画の一環として、意図的に地球外からの訪問者になりすましている」と示唆する内容の発言をして注目を集めた。

 彼によれば、UFOは確かに実在するのだが宇宙から来たものではなく、悪魔的なものだという。

「聖書の創世記第6章で語られているように、堕天使が人間と交配し、ネフィリムと呼ばれる種族を作り、その種族が名声を得るようになります。 その末裔が世界の指導者たちなのです」とシブレル氏は述べた。

 なお、欧米のオカルト研究者にはキリスト教の教えや聖書に従って様々なオカルト現象を解釈しようとする傾向の人もいるため、シブレル氏のような人物は少なからず存在する。

 ちなみにシブレル氏は独自の見解以外にもトラブルメーカーとしても知られており、2002年にはアポロ11号の宇宙飛行士バズ・オルドリン氏を挑発して殴られ、大きなニュースになったこともある。この騒動は、シブレル氏が月面着陸の真偽についてビバリーヒルズのリュクス・ホテルの外でオルドリン氏に突撃インタビューを行い、面と向かって「泥棒、嘘つき、臆病者」とまで言ったことによるもの。オルドリン氏は自分を守るための行動だったと主張し、暴行についても告訴はされなかった。

 シブレル氏の主張は興味深いものではあるが、彼がどんな人物なのか改めて把握してから判断しても良いのかもしれない。

関連記事:Unexplained Mysteries

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

飯山俊樹(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

UFOは「人類支配を計画する悪魔」によって送り込まれた!?UFO研究家が驚きの主張のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新