“何もかもが止まった”村に迷い込んだ3人…強烈な違和感と静寂、任務中の兵士が体験したタイムスリップ

 初めて訪れた場所で、どことなく「何かが違う」と感じたことはないだろうか。ひょっとするとそれは、束の間のタイムスリップ体験だったのかもしれない。かつてイギリスで実に不思議な“小さな旅”の物語が報告されているのだ。

イメージ画像 Created with DALL·E

■“時間が止まった”美しい村

 タイムマシンに乗って過去や未来に行くという大げさな話ではなく、何かのきっかけでほんの少しの間のタイムスリップする体験は、実は意外なほど身近で頻繁に起こっているものかもしれない。かつてイギリスで興味深い体験談が残されている。

 1957年10月、イギリス海軍の士官候補生たちがサフォークの田舎で、簡単な軍事訓練を行っていた。この日、ウィリアム・ラング、マイケル・クロウリー、レイ・ベイカーの3人の士官候補生は、景勝地を通るルートを移動しながら、割り当てられたいくつかの場所を観察して記録し、軍事行動に役立つ詳細な地図を作ることが課せられていた。

 すっきりと晴れた秋の空に恵まれた日だったこともあり、まるで絵画のように美しい田園地帯を歩くことは、訓練ではあっても気分が高揚してくる楽しいものであった。ハイキング気分で小さな旅に乗り出した3人であったが、物事は奇妙な展開を見せはじめる。

 ルート上には、趣のある路地と中世の歴史的建物が残っていることで知られる住民わずか数百人の小さな村、カージーの集落があった。

 カージー村を見渡すところまで来た一行は、美しい光景にしばし足を止めて魅了された。おそらく普段通りの静かな一日で、教会の鐘が鳴り響き、愛らしい鳥のさえずりが奏でられ、煙突からは煙が上がっていた。村は観察ポイントの1つであったので、彼らはもっと村へと近づいていった。

 ある地点まで近づくと、遠くから見ていたのとは“何かが違う”ように思えてきた3人はキツネにつままれたような気分を味わうことになる。足を踏み入れた村は、完全な沈黙に包まれていたのだ。

 教会の鐘は鳴り止み、鳥は歌うのをやめ、そよ風すらない無風の状態であった。すべてが静止しているように見え、路上の落ち葉はピクリとも動かず、木の枝も揺れることなく、近くの小川にいるアヒルでさえ身じろぎもせずにずっと同じ位置にいた。まるで時間が止まってしまったようであった。

Thomas WolterによるPixabayからの画像

 さらに奇妙なことに、天気に恵まれた昼下がりであるというのに村民の姿が1人もなかった。さっきまでもくもくと煙を放っていた煙突も、今はまったく煙はない。村は文字通り“ゴーストタウン”の様相を呈していた。

 腑に落ちない思いを抱きながら一行は村を探索したのだが、人どころか車さえ1台もなく、電話線も自転車もなかった。道はすべて石畳で、近代的な建物がまったく見えない。手作りの木造建築の緑がかったガラス窓は汚れの膜で覆われていた。

 時間が止まって見えることに加えて、季節さえ変わったように見えた。秋であるにもかかわらず、木々は春や初夏に見られるような旺盛な緑色の葉を茂らせていた。この村にいったい何が起こっているのか?

■1400年代初頭への“タイムスリップ”だったのか?

 なおも村を歩き回っていた3人は、中に誰もいそうにない1つの建物を近くから検分してみることにした。

 窓から中を覗いてみると、どうやら村の精肉店であることが理解できた。テーブルやカウンターはなく、皮を剥がれた2、3頭の牛の死骸があった。肉塊のところどころがカビで緑色に変色しており、明らかに食肉処理が途中で放棄された状態であった。1957年の保健当局がそのような非衛生状態を店に許可するはずもない。

 ほかにもいくつかの建物を調べたのだが、いずれも人の気配は一切感じられなかった。

 そして一行は、この村の象徴である教会塔を探すことにした。来る前に遠くからははっきりと見えていた教会塔あったが、驚いたことに村中どこに行っても塔を発見することはできなかった。いつの間にか教会塔がなくなっていたのである。

 カージー村で最も有名な建物である教会塔がないというのはどういことなのか? そして住民はどこへ行ってしまったのか? この時点で、3人はきわめて不吉で漠然とした恐怖感に襲われ、散策は中止してできるだけ早くこの村を出ることにしたのだった。

 村を出るとすぐにすべてが突然、“正常”に戻った。鐘が再び鳴り響き、鳥が歌い、秋のさわやかな風が頬を撫で、木々から葉が落ち、煙突が再び煙を吐き出した。教会塔もそびえ立っていたのだ。

 3人の士官候補生は驚くばかりで、いったい何が起こったのかまったく理解することができなかった。上官のもとへ行き、任務を終了したことを報告したが、カーシー村の異常は説明できないままであった。

イメージ画像 Created with DALL·E

 時を経て1980年代、心霊現象研究協会の超常現象研究者であるアンドリュー・マッケンジーは、当時の士官候補生であったラングとクロウリーから手紙を受け取った。この時になって彼らは初めてあの時の体験を専門家に伝えてみることにしたのである。

 興味をそそられたマッケンジーは実際に彼らと面会し、一緒に村にも足を運んだ。そして詳細を知れば知るほど、マッケンジーは奇妙なことがここで本当に起こったと確信するようになった。その時、彼らはここで過去へとタイムスリップしたと考えられるというのである。

 マッケンジーをもっとも驚かせたのは、タイムスリップした時代が歴史的に正確であったことだ。たとえば、牛の死骸のあった建物は1957年時点では個人の住居であったが、歴史的資料を紐解くとかつて確かに精肉店であった。町のレイアウトに関する他の観察結果も、士官候補生が知り得るはずのない歴史的記録と一致していたのだ。

 マッケンジーは彼らがタイムスリップしたのは1400年代初頭であると結論づけた。その時代、村にはまだ教会塔はなく、黒死病(ペスト)の流行によって村の人口は著しく減少し、経済活動は止まっていたのである。

 マッケンジーは本件に非常に感銘を受け、他のタイムスリップの事例も研究してまとめあげ、1997年にタイムスリップに関する著書『Adventures in Time』を出版した。

 タイムスリップ説を疑問視する声もあるのだが、当時の彼らが体験したことを科学的に知る術はない。しかしこのケースが示唆しているのは、実はタイムスリップは我々の身近にあり、気づくにせよ気づかないにせよ、ごく普通に起きている現象であるということかもしれない。足を踏み入れた瞬間に「何かが違う」と感じることがあった場合、タイムスリップを疑ってみてもよさそうだ。

参考:「Mysterious Universe」、ほか

 

※当記事は2022年の記事を再編集して掲載しています。

関連キーワード:, ,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

“何もかもが止まった”村に迷い込んだ3人…強烈な違和感と静寂、任務中の兵士が体験したタイムスリップのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新