【未解決】キャンプ中の一家が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」! 恐ろしい遺体発見でさらに深まる謎

 不可解な行方不明事件の中には、身元が割り出されてからさらに謎が深まるケースがある。米オレゴン州でキャンプ中の一家全員が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」もそのひとつだ――。

■夏山でキャンプを楽しむ一家が失踪

 一人の個人がある日突然いなくなるという失踪事件はミステリアスではあるが、事件に巻き込まれたなどいくつもの可能性がすぐに思いつく。しかし、その一方でグループ全員がそっくり消失してしまう集団失踪事件は混迷の度合いも深い。かつて米オレゴン州でキャンプ中の一家が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」は、今もなお解明の糸口すらつかめていない不可解な未解決集団失踪事件である。

 米オレゴン州ホワイトシティ在住のカウデン家は、父親のリチャード(当時28歳)、妻のベリンダ(当時22歳)、5歳の息子のデイビッド、5カ月の娘のメリッサの4人家族であった。

【未解決】キャンプ中の一家が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」! 恐ろしい遺体発見でさらに深まる謎の画像1
リチャード(右)、ベリンダ(左) 画像は「Wikipedia」より

 一家は1974年のレイバー・デー(労働者の日)を前にした週末の8月30日(金)から9月1日(日)までの旅程で、カリフォルニアとの州境、シスキュー山脈にある国有林キャンプ場で余暇を楽しむことにしたのだった。

 キャンプ最終日の9月1日の朝9時頃に、父親のリチャードとデビッドがキャンプ場近くの町の雑貨店でミルクを買っている姿が目撃されている。そしてこれがカウデン家の最後の目撃証言であった。

 予定では、キャンプ最終日に徹収作業を終えてから、キャンプ場のほど近くに住むベリンダの母親の家に寄って夕食を共にする計画であった。しかし約束の時刻になっても娘家族はやって来ない。

 心配した母親は、家族の様子を見に車でキャンプ場に向かった。一家がキャンプをしている現場に着くと、撤収作業はまったく行われておらず、ピクニックテーブルの上にはミルクのボトルが置かれ、まだ赤ん坊のメリッサのおむつとベリンダの財布もあった。その近くには、家族の車が停車していた。

 ちょっとした散策に出かけた家族全員が今にも姿を現しそうだったが、依然として誰も戻ってくることはなかった。母親はキャンプ地の周囲を少し歩いて捜索してみたのだが、小川の岸にリチャードの時計と財布が落ちているのを発見してさらに心配は深まった。一家はいったいどこへ行ったというのか。

【未解決】キャンプ中の一家が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」! 恐ろしい遺体発見でさらに深まる謎の画像2
画像は「Unsplash」より

 家族の帰りをこれ以上待っても埒が明かないことを実感した母親は、警察に報告した。

 さっそく当局による捜索が行われ、付近で一家のものらしき釣り竿や新品の調理器具などが発見された。一家がキャンプをしていた現場には荒らされたような形跡はいっさいなく、夫婦の財布の中には現金とクレジットカードが手つかずのまま収められていた。一家が連れて来ていた飼い犬は、キャンプ地から約5マイル離れたところで無傷の状態で発見された。

 捜索にあたった警察官は、家族は近くの小川にちょっと泳ぎに行ってすぐにでも帰ってきそうだったとコメントしている。

 しかし、この後すぐに大規模な捜索が開始されたが、それ以上の手掛かりや物証は何もみつからなかったのだ。

■腐乱死体が発見されるも謎は深まる

 失踪を説明するいくつもの仮説が浮上し、その1つは彼らが川に泳ぎに行って全員溺死したかもしれないという説だったが、近くの小川沿いのどこにも遺体は見つからなかった。

 キャンプを装って夜逃げをしたのだという話も取り沙汰されたが、家族には大きな借金もなければ、脅迫を受けていたという事実もなく、絵に描いたような幸せな家族であった。カウデン家の失踪は、オレゴンの歴史の中で最も奇妙な失踪事件の1つになり、当時のメディアを賑わせるニュースとなった。

 そして事件から7カ月以上が過ぎた1975年4月、2人のハンターがこのエリアの森林地帯で猟の最中に人間の遺体らしきものを見つけて警察に通報した。

 現場に駆けつけた当局は、成人男性の腐敗した遺体を確認しカウデン家の主、リチャードであることが特定された。その後、現場近くの洞窟で妻、ベリンダと2人の子ども(デイビッド、メリッサ)の腐乱死体も発見されたのだ。

 検死の結果、デビッドとベリンダの2人の死因は22口径の弾丸による銃撃で、メリッサも頭部に致命的な外傷を負っていた。リチャードの遺体はかなり腐敗が進んでいて死因の特定は難しかったが、他の家族と同じく銃撃で殺害された可能性が高いと判断された。

イメージ画像 Created with DALL·E

 遺体の発見当初は一家心中が疑われ、リチャードが家族3人を殺害した後に拳銃で自殺したのではないかと考えられたが、現場付近を徹底的に調べても拳銃は発見されなかった。もちろん最初の捜索でも拳銃は発見されていない。

 次に、偶然に出くわした凶悪犯の犠牲になった可能性が検証されたが、動機などを考慮するとそれも考えにくい線であった。金品などが盗まれていないのである。

 ひとつ考慮に入れておかねばならないことは、1960年代から70年代は若者の間でヒッピームーブメントが全盛を迎えており、特に夏のキャンプ場などではそうした集会が多く行われていたことだ。こうした集会のほとんどで薬物が使われていたことは言うまでもない。

 当局が最終的に容疑者としたのが別の殺人事件と強姦事件の容疑者であるドウェイン・リー・リトルであった。失踪当時、カウデン家のキャンプ地の近くでリトルがガスボンベを購入していたことが判明していた。

 しかし、カウデン家の事件にリトルが関与しているというそれ以上の証拠や証言はなく、1980年に殺人とレイプで有罪判決を受けたものの、カウデン家の事件との関連は不問に付された。

 失踪事件や行方不明事件はさまざまな予期せぬ顛末を辿るが、遺体が発見されてさらに謎が深まるケースは珍しいのかもしれない。その日、キャンプ場でいったい何が起こったというのか、今なお有力な手がかりが1つとしてみつかっていないのがこの「カウデン家失踪事件」である。

参考:「Mysterious Universe」、ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【未解決】キャンプ中の一家が忽然と消えた「カウデン家失踪事件」! 恐ろしい遺体発見でさらに深まる謎のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル