エレベーターで“異世界”に迷い込んだ女性…不可解な映像に警察もパニック!マトリックスの不具合か

 数年前に海外オンライン掲示板「Reddit」で語られ、今でも人気のある「マトリックスの不具合」についての話がある。

 「マトリックスの不具合」とはどういう意味か? これは1999年に公開された映画『マトリックス』で初めて使われた言葉で、人類は巨大なコンピューター・シミュレーションの中で生きているため、そのシミュレーションの不具合によるバグが起こるというものだ。この数年間、「マトリックスの不具合」は、論理的に説明できない異常事態の一例を示す略語にさえなっている。

 マトリックスの不具合としか思えない不思議な体験をしたのは、シドニー・ダニエルという若い女性だ。2001年、彼女が8歳のときに不思議な事件が起こった。

エレベーターで異世界に迷い込んだ女性 不可解な映像に警察もパニックの画像1
画像は「Anomalien」より

「私は母、兄、叔母、祖母の4人は、恐竜スーを見るためにシカゴに出かけていたのです。私たちは近くのホテルに5日間ほど滞在していました。そのホテルはとても高級で新しく、全体的にとてもいいホテルでした」

「ある日、プールからの帰り道、びしょびしょに濡れたままエレベーターに乗ったんです。7階のボタンを押して、エレベーターは期待通り7階で開きました。そして、その週に20回ほど経験したように、通路の左側から2番目のドアをノックしました。しかし、誰も出てこなかったんです」

 シドニーさんによると、この時は部屋に祖母がいたはずで、いつもならノックをすれば祖母がドアを開けてくれたという。この時にシドニーさんは「警戒心」を覚えたと話す。とはいえ、間もなくプールから戻ってくる母を待てば良いだけだったが……。

「私はエレベーターまで数メートル戻り、母と弟を待ちました。その時にエレベーターが私のいる7階にちょうど止まりましたが、ドアが開くと、誰もいなかったんです。このとき、私は何かが非常に間違っていると感じ、ドアの前に戻り、ノックしました。すると、老女がドア越しに、『あなた、昨日も言ったでしょう、ここはあなたの部屋ではありませんよ』と言うんです」

エレベーターで異世界に迷い込んだ女性 不可解な映像に警察もパニックの画像2
画像は「Anomalien」より

 部屋からは面倒見の良さそうな老女が出てきたという。しかし、祖母とは別人だ。老女は「息子と電話中だから、待って」と言い、ドアをパタリと閉じてしまったという。部屋から知らない女性が出てきて、冷たくあしらわれたシドニーさんはパニックになりかけたが、ドアが閉まった瞬間、エレベーターが止まる音が聞こえたという。

「ドアが閉じた直後、エレベーターが開いて、母が泣きながら飛び出してきて、私をつかまえました。母は、『ああ、あなた、どこにいたの!?』と驚いていた様子でした」

 そして、シドニーさんの母は、老女がいる部屋を開けたという。しかしその瞬間、彼女は呆然とするだけだったそうだ。それから、“自動操縦”のようになった母はシドニーさんを連れてエレベーターに戻り、再び7階を押した。ずっと7階にいるのだから当然のことだが、エレベーターの扉は開閉したもののエレベーター自体は動かなかったという。

 しかし、扉が開くと、通路の左から2番目の部屋の前に祖母が立っていたというのだ。シドニーさんの記憶では“異世界”に紛れ込んだのは5分程度だったそうだが、実際には45分間失踪していたそうだ。警察も呼ばれ、全ての階を捜索していたが、まったく見つからなかったという。

イメージ画像 Created with DALL·E

 このホテルにはエレベーターが1つしかなく、捜索していた警察官も同じエレベーターを使用していたそうだ。シドニーさんの母は、一度プールに戻り、それからエレベーターに乗って7階まで上がったという。

 その後、警察官がホテル内の監視カメラをチェックしたところ、さらに不思議な現象を目の当たりにした。シドニーさんがエレベーターに乗ったあと、どの階にも降りた形跡がなかったのだ。

「それから、一番不気味だったのは、母がロビーから乗った時、乗ってから10分経ってから、私を抱いて7階で降りるのが映っていたことです。すべての階のカメラを調べましたが、母がどこかの階で降りた様子は映っていなかったんです」

エレベーターで異世界に迷い込んだ女性 不可解な映像に警察もパニックの画像3
画像は「Anomalien」より

 これには「スタッフも警察もパニックになった」という。警察官はシドニーさんが何者かに連れ去られていた可能性を疑ったが、それにしても失踪から45分間も経っているのに、シドニーさんの髪の毛がビショビショに濡れていたことは説明できなかった。

 その後、捜査のためにホテルに滞在していた50歳以上の女性の写真が撮られたが、その中にあの老女の姿はなかったという。シドニーさんによると、この老女には特徴があったそうだ。

「この女性は非常に青い目をしていました。不思議なことに、その女性と私の目はほとんど同じだったんです。私は髪が黒い割に珍しい色をしています。この共通点は何なんだろう……」

 シドニーさんは当時の関係者に連絡を取って再び事件の真相を探りたいという気持ちもあるそうだが、恐怖もありまだ実行していないという。いったい彼女が経験した怪異は何だったのだろうか? マトリックスの不具合だったのだろうか? 今後その真相が解明される日は来るのだろうか?

参考:「Anomalien」、ほか

 

※当記事は2022年の記事を再編集して掲載しています。

TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

エレベーターで“異世界”に迷い込んだ女性…不可解な映像に警察もパニック!マトリックスの不具合かのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新