ロシアがひた隠す謎の最恐物質「レッドマーキュリー」とは!?世界の諜報機関が探し求める“赤い水銀”

 2019年8月8日、ロシア北部アルハンゲリスク州ニョノクサ近くにある、海軍の海上実験場で爆発事故が発生し、作業にあたっていた職員5人が死亡した。軍事施設での事故ということもあって詳しい状況は不明だが、事故直後から周辺の放射線レベルが急上昇しており、何らかの新兵器、それも核エネルギーを用いた実験に関わるものであることは、まず間違いないであろう。一部には、原子力推進によるミサイルの実験が失敗したのではないかという推測もある。

イメージ画像 Created with DALL·E


■謎だらけのレッドマーキュリーと小型核兵器

 ロシアに限らずどの国でも、最先端兵器に関する情報は厳しく管理されており、現時点で真相を突き止めることは難しいが、ことロシアに関しては、数十年前からある特殊な物質を用いた新型核兵器の噂が根強く残っている。

 その物質は、レッドマーキュリー(赤い水銀)と呼ばれている。水銀を主成分とし、赤い色をしているためこう呼ばれるのだ。

 レッドマーキュリーの噂が西側に広まったのは、1970年代のことである。

 このときレッドマーキュリーは、核反応の促進やステレス塗料の製造、さらにはICBMの精密誘導などに使用可能といわれていた。

 中性子爆弾の開発に関わったアメリカの核物理学者サミュエル・T・コーエン博士もこのレッドマーキュリーの存在を認めており、「極く少量の特殊な核物質を通常物質に混ぜ、これを原子炉に投入するか、あるいは分子加速光線を当てることで製造される」とし、「起爆すると非常に熱くなり、強力な圧力を生み出すため、重水素と組み合わせて核融合反応を起こすことができる」と述べている。

 通常の核融合爆弾、つまり水素爆弾は、周辺に原子爆弾を配置し、核爆発のエネルギーを利用して核融合を起こすものだ。したがって、全体のサイズは原子爆弾よりもさらに大きなものにならざるを得ない。ところが、このレッドマーキュリーと重水素を用いると、原子爆弾を用いることなく、非常に小さなサイズの水素爆弾を製造することも可能になるということである。

 

■レッドマーキュリーの行方を追え!

 ふたたびコーエンによれば、旧ソ連の時代、大きさが野球のボールくらいの核兵器も製造されていたいう。

 レッドマーキュリーが世界的な注目を浴びたのは、1991年のソ連崩壊直後のことであった。旧ソ連がいくつもの国家に分裂するという混乱の中で、同連邦内だけに秘匿されていたレッドマーキュリーがその圏外、特に核兵器保有を目指すイランやイラク、リビアといった諸国に流出することが懸念されたためだ。

 上記のイスラム諸国と敵対関係にあるイスラエルは、レッドマーキュリーがこうした国々に流出することを本気で恐れていたようだ。イスラエルの情報機関モサドは、各地のエージェントに「レッドマーキュリーを追え」という指令を出した模様で、この時期、世界各地に配置されたモサドの諜報員が任国の情報機関に対し、レッドマーキュリーとはどんな物質なのか、旧ソ連の外にこの物質が流出したという事実はないのか、について可能な限り詳細な情報を求めていたという事実がある。

イメージ画像 Created with DALL·E

 実際、世界のブラックマーケットでは、レッドマーキュリーと称する物質の売買がもちかけられたことが幾度もある。価格は1キログラムあたり10万ドルから50万ドルという高額であり、取引の途中問題の物質が押収された例も多い。

 では、押収された物質はどのようなものだったのだろうか。

 それらは純粋な水銀や、水銀とアンチモンの化合物、ヨウ化水銀や酸化水銀、シアン化水銀、さらには水銀をマニキュア液で赤く着色したものなどであった。つまり、いずれも通常の物質で、核融合を促進するような機能は持っていないのである。

 つまるところ、レッドマーキュリーなるものが実在するという証拠は、今のところ得られていないのだ。

 2004年9月、イギリスでレッドマーキュリーの売買事件が起きたときには、国際原子力機関(IAEA)も調査を行い、レッドマーキュリーなるものは存在しない、と結論した。

 一方、レッドマーキュリー取引に絡む噂はその後も後を絶たず、オサーマ・ビン・ラーディンやイスラム国もその購入に関心を持っていたと言われる。

 レッドマーキュリー売買をめぐる詐欺については、もちろん一攫千金を夢見る犯罪者によるでっち上げという説が有力だが、特定の国家がテロリストを欺こうとして生み出したのではないかとの説もある。中には、核物質の取得を望む勢力を特定するため、ロシア自体が流した話ではないかという者もある。

 もっとも、西側諸国ではその実在を確認できないとしても、ロシア国内で秘密兵器レッドマーキュリーが秘密のベールの陰に実在する可能性は、完全には否定できないところもある。

 なお、錬金術においては、水銀は硫黄とともに、他のあらゆる金属を生み出す元素的存在と考えられている。また、卑金属を金に変える力を持つ賢者の石は、赤い色をしていると言われている。「赤い水銀」を意味するレッドマーキュリー騒動の背後に、こうした錬金術的観念がどの程度影響しているかは明らかではない。

 

※当記事は2019年の記事を再編集して掲載しています。

文=羽仁礼

一般社団法人潜在科学研究所主任研究員、ASIOS創設会員、 TOCANA上席研究員、ノンフィクション作家、占星術研究家、 中東研究家、元外交官。著書に『図解 UFO (F‐Files No.14)』(新紀元社、桜井 慎太郎名義)、『世界のオカルト遺産 調べてきました』(彩図社、松岡信宏名義)ほか多数。
羽仁礼名義の書籍一覧
Facebook

羽仁礼の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

ロシアがひた隠す謎の最恐物質「レッドマーキュリー」とは!?世界の諜報機関が探し求める“赤い水銀”のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新