>  > 摘出後の肺を「呼吸させて」保存する、最新医療技術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

医学

,

移植

,

,

臓器

 近年、わが国においても臓器移植手術のニュースを耳にすることは多くなってきた。しかし欧米諸国と比べると、臓器移植の実施件数はまだまだ極端に少なく、需要と供給のアンバランスも著しいという現状がある。そのような中、「臓器移植先進国」であるアメリカでは、それに関連した新しい技術も、次から次へと誕生しているようだ。

 今月11日、「The Daily News」紙が、ドナーの体内から取り出された肺を、凍らせることなく保管・輸送し、患者へと移植することを可能にする医療機器を紹介している。「臓器管理システム(OCS)」と呼ばれるこの医療機器は、TransMedics社によって開発され、現在はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の外科医たちによって臨床試験が繰り返されている段階であるという。


■OCSって何?

 ドナーの体内から取り出された肺を、患者に移植するまでの間、凍らせることなく保管・輸送するとは、一体どういう意味なのだろう。答えは実にシンプルだ。体内にあったときと同じような状態で肺を保管すればよい。そしてそれを可能にしたのが、OCSなのだ。

OCS.jpg
最新医療機器、OCS!「YouTube」より

 OCSは、装着された肺に対して酸素を送り、さらに特別に調整された血液細胞を流し込んでくれる。そのためドナーから取り出された肺は、直ちに温かさを取り戻し、なんと呼吸を始めるという(次頁の動画を参照)。そして移植手術を待つ間、肺を「生かした」状態で管理することが可能となる。

【2ページ目は、閲覧注意! 臓器の画像を含みます】

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。