>  > ネットの“嘘” ― 茨城新聞と架空の患者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:平田宏利, 白血病, 茨城新聞
なぜ、「茨城新聞」は情報の“嘘”を見抜けなかったのか?  架空の白血病患者を信じた理由

 10月24日付の『茨城新聞』が、急性骨髄性白血病で亡くなったとされていた元高校野球女子マネージャーが存在せず、中部地方に住む20代女性が作り上げた架空の人物であったことを報じ、記事の訂正と謝罪を行った。  今年4月に、茨城県内の社会人野球チームに「ゆっこ」を名乗る人物からコンタクトがあった。彼女は現在高校3年生であり、昨年末に病気を発症し野球部のマネージャーを辞めざるを得なかった。ネットを...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...