>  >  > チンギス・ハンの子孫は1,600万人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 大相撲界でこれまで記録を塗り替えることが不可能といわれていた伝説の横綱・大鵬の優勝回数を超え、今も破竹の勢いで活躍を続ける平成の大横綱・白鵬――。朝青龍の時代から大相撲ファンに強烈なインパクトを与え続けているモンゴル人の驚異の身体能力と闘争心は、やはりユーラシアに大帝国を築いた稀代の猛将、チンギス・ハンから受け継がれたものなのだろうか。最新の研究で、今も世界で1,600万人がチンギス・ハンの直系の子孫であることが判明して話題を呼んでいる。


■アジアの11人の“偉大な父”

elevenfathers1.jpg
チンギス・ハンの胸像 画像は「Wikimedia Commons」より

 英レイセスター大学のマーク・ジョブリング教授らの遺伝学研究チームが1月14日にオンライン版「Nature」で発表した論文では、アジア人男性のDNAを分析して先祖のルーツを辿った研究が報告されている。研究によれば、現在のアジア人男性の約4割が、チンギス・ハンを含む11人の“偉大な父”のいずれかの血脈を受け継いでいるというのだ。

 研究は、アジアの中の127の地域に住む計5,321人の男性のDNAを分析し、西暦1100年から紀元前1300年ほどの間の過去に遡って“偉大な父”を突き止める試みを行なった。具体的には、DNAの中の男性にしかない「Y染色体」の塩基配列をサンプリング調査したということである。

 集められたY染色体を分析してみると大半はまったく共通点のないランダムな塩基配列をしていたものの、分析の数を重ねていくといくつかのグループに分けられることが徐々にわかり、最終的に11のグループの存在が浮き彫りになったということだ。そして調査した男性の約4割にあたる37.8%のY染色体は、この11つのいずれかに分類されることが判明したのだ。実際の人口に照らし合わせると、約8億3,000万人のアジア人男性がこの11人のいずれかの血脈を継いでいることになる。

 この11人の“偉大な父”の筆頭に挙げられるのが他ならぬチンギス・ハンである。12~13世紀にかけてユーラシア大陸に巨大なモンゴル帝国を築きあげたチンギス・ハンだが、その“直系の子孫”は統計上は今も1,600万人存在しているということだ。おそらくそこには朝青龍や白鵬も含まれているのではないだろうか。チンギス・ハンは本妻の他に幾人も愛人を抱えていたといわれ、一説では生涯で産ませた子供の数は百人を超えているともいわれている。

 多くの女性と接触、交渉することができたのはチンギス・ハンが生涯を通じて高い地位にあったからに他ならないが、もうひとつの重要な要素は馬を使った移動にあるということだ。政治と軍事に忙しい身であっても、チンギス・ハンは愛馬の機動力を駆使して、広範囲の女性と頻繁に一夜を共にすることができたのである。

関連キーワード

DNA

コメント

3:匿名2016年8月27日 15:14 | 返信

肖像画を見る限りはあまりイケメンには見えんが

2:オランダヒルズ森タワー 事故物件2016年4月 1日 17:56 | 返信

チンギスハンが11人の1人って根拠は?

1:匿名2015年2月15日 14:59 | 返信

彼の「チンギスハーン」は源義経だった!? 是ガチで映画化されないかな~?(大爆)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。