>  > イースター島と日本の浅からぬ縁とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

イースター島

,

モアイ

,

秘境

0317moai_02.jpg

 周囲2000キロ四方にわたって有人島がない絶海の孤島・イースター島。全周60キロほどの小さな島だが、謎の巨石像・モアイがあることで知られている。というか、この島にはほぼそれしかないといっても過言ではないほど、最果ての地だ。

 チリに属するイースター島に行くには、まずはアメリカ経由でチリの首都・サンティアゴ・デ・チレへ。島はチリ本土から約3800キロ離れているため、さらにサンティアゴ・デ・チレから飛行機で約5時間飛ぶ。日本から片道だけで30時間以上かかるという秘境ぶりだ。

 イースター島には現在約900体のモアイがあるが、そのほとんどは横に倒れており、立っているのはわずかだ。そんな中、海岸沿いの「アフ」と呼ばれる高台に立つ、15体のモアイがズラッと並んでいるのを目にしたことのある人も多いだろう。この地は「アフ・トンガリキ」と呼ばれ、モアイのバックから朝日が昇ってくる絶景ポイントでもある。だが、周辺には放し飼いされているウマがウロウロしているため、散策の際は馬糞に注意したい。

0317moai_01.jpg
0317moai_04.jpg
0317moai_03.jpg

 この「アフ・トンガリキ」は、1990年代に日本のクレーン会社の援助によって復元されたことでも知られている。モアイの頭上に乗っている帽子のようなものは「プカオ」と呼ばれているが、これは“まげ”を模しているという説もあり、また島内には正座するモアイも存在するなど、日本とイースター島の浅からぬ縁も根強くささやかれている。

関連キーワード

コメント

4:匿名2015年11月29日 00:19 | 返信

で何なの この記事。観光案内かよ

3:匿名2015年3月18日 05:17 | 返信

一昨年イースター島だけに行ったが、特異な目で見られるような事はなかった。

地元の人が行く市場や商店に立ち寄ってみたが、冷たい面などもなかった。

イースター島はチリ領で、チリの公用語はスペイン語。
また、島独自の言語、ラパ・ヌイ語で挨拶をすると特に親近感を持たれる。


筆者の経験談だろうが、誤解を招くような内容の記事だと思う。

2:匿名2015年3月18日 02:38 | 返信

フランシスコ ザビエル氏ってw
同姓同名なんだろうかwww

1:匿名2015年3月17日 20:35 | 返信

行ってみたい!!!!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。