>  > 世界でいちばん放射線量の高い場所10【PART2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

原発

,

放射能

,

,

石川翠

PART1は、コチラ

■第7位 マヤーク核爆弾生産コンビナート、ロシア共和国/ Mayak, Russia

Satellite_image_map_of_Mayak04.jpg

 ロシア共和国ウラル地方のチェリャビンスク州にあるマヤーク(Маяк/Mayak) 核技術施設は、すでに半世紀以上にわたって、原子力発電所を稼働させてきたプラントだ。といってもその目的は電力ではなく、原子爆弾に用いるプルトニウムの生産にあった。マヤーク(灯台の意味)とはここで製造された原子爆弾の名で、5基の原子炉を持つこのプラントの周囲には技術者とその家族の住む都市が秘密裏につくられ、「チェリヤビンスク65」の暗号名で呼ばれた。

 旧ソ連では、放射性廃棄物の取り扱いがずさんで、液体廃棄物は近くの河川や湖にタレ流しにするのが常態化していた。だがやがて、労働者や付近の住民に健康被害が生じるようになり、高レベルの放射性廃棄物は濃縮してタンクに貯蔵する方法に切り替えられた。

Fissile-material-storage-facility06.jpg
旧ソ連の原発と秘密核都市

 放射性廃棄物の入ったタンクは、崩壊熱により高温となるため、絶えず冷却をつづける必要がある。ところが1957年9月、この冷却装置が故障し、300立方メートルのタンク内の温度は急上昇し、大爆発を起こした。これを「キシュテム事故」と言い、最大100トンの放射性廃棄(radioactive waste)が大気中に放出され、広範なエリアを汚染。結果、40万人を超える人々の頭上に放射線が舞いそそぐことになった。

 今日、この広域汚染は「ウラルの核惨事」と呼ばれ、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故、2011年の福島第一原子力発電所事故のレベル7(深刻な事故)に次ぐ、史上3番目に重大な原子力事故とされている。

Mayak%20Foetus%20GP0MQR02.jpg
放射線の影響で生まれた無頭児

 この事故を、旧ソ連が極秘としてひた隠しにしたため、概要が明らかになったのは1976年、亡命した科学者ジョレス・A・メドベージェフが発表した論文によってだった。

 しかし旧ソ連側はこれを否定。アメリカもまた冷戦下における核開発に批判が及ぶのをおそれて事態を静観した。なにより世界中の原子力推進派々が、そうした事故はあり得ず、単なる作り話であると喧伝した。

 このため、爆発の真相が開示されるには1989年のグラスノスチ(情報公開)を待たねばならなかった。なお地域住民に、大規模で深刻な放射能汚染が公式に通達されたのは、事故から34年後、ロシア政府が発足した1992年前後のことだった。

 1950年代から、プラントの廃棄物は周辺地区と、カラチャイ湖(Lake Karachay)に投棄されてきた。このため、専門家は、この湖が世界でいちばん放射線量の高い場所の1つであることを疑わない。にもかかわらず、数千の人々が日常的に湖水を用いている。

 ご参考の動画は、マヤーク核技術施設が、周囲の住民たちにどれだけ深刻な影響と不安をあたえているかを伝える実直な佳作。ご興味の向きは是非、ごらんいただきたい。

動画は、YouTubeより
 

■第6位 セラフィールド、イギリス/Sellafield, UK

image03.jpg
イギリスのロー・ティーンの歯からセラフィールドに由来するプルトニウムが検出されたことを報じる新聞記事
9_29-sellafield)uebersicht02.jpg

 イギリスの北西海岸に位置するセラフィールド(Sellafield)とは、原子力廃止措置機関 (NDA) の管轄下に、セラフィールド社が運用する核燃料再処理工場群のことだ。もともとは1947年、ウィンズケール原子力発電所と一体になって、核爆弾用のプルトニウムを生産する施設(plutonium production facility)として着工された。たったいまご紹介したばかりのヤマーク核技術施設や、前回とりあげたアメリカのハンフォード核処理施設のイギリス版といったところだろう。その後、商用原子力発電所や再処理工場などが併設されて現在に至っている。

 1957年10月、ここで世界初の原子炉重大事故「ウィンズケール火災事故」が発生した。原子炉2基の炉心で16時間におよぶ火災が起こり、多量の放射性物質が外部に漏洩した。避難命令がなかったため、地元住民は生涯許容線量の10倍の放射線を浴び、その後、数十人が白血病で死亡した。現在でも、セラフィールド周辺の白血病発生率は全英平均の3倍となっている。

Sellafield01.jpg
セラフィールドのロケーション

 1981年、施設の改編にともなって、セラフィールドと改名したこのプラントは操業以来、すでに数百件もの事故を起こすとともに、周辺住民への深刻な健康被害などからつねに物議をかもしだしてきた。そして、なんとも身の毛のよだつことだが、現在では、建屋の約3分の2がそれ自体、もはや除染不可能な核廃棄物に指定されている

 その上、このプラントは毎日のように、800万リットルもの汚染水を排出し、アイリッシュ海(Irish Sea)を世界でいちばん放射性濃度の高い海と化している。イギリスはその緑の野原と起伏のある景観で知られる詩情豊かな国だが、この先進国の中心部に、公海に有害廃棄物を垂れ流す、危険な事故多発施設がひかえているのを忘れてはなるまい。

 なお日本国内の電気事業者は、青森県六ヶ所村の再処理工場が稼働するまでの措置として、フランスのアレヴァ社(AREVA NC)のラ・アーグ再処理施設と、このセラフィールドに再処理業務を委託している。

 動画は地域住民、管理運営者、科学者らへのインタヴューを織り交ぜてセラフィールドの全体像を描き出そうとする意欲的なもの。視聴をお薦めしたい。

動画は、YouTubeより

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。