>  >  > 2016年に東京壊滅、人類滅亡!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

予言

,

白神じゅりこ

,

聖徳太子

Shotoku_taishi_revenue_500Yen_1948.jpg
画像は、聖徳太子の肖像が描かれた500円収入印紙(1948年発行)/Wikipediaより

 今から約1400年前、日本には偉大な予言者が存在した。

 聖徳太子(574年2月7日~622年4月8日)は、飛鳥時代に推古天皇の摂政として活躍した政治家で、「冠位十二階」「十七条憲法」を制定した人物。その名を知らない者はいないだろう。しかし、今では彼の存在すらも疑われ、かつて日本の紙幣に使用された太子の有名な肖像画も、実は本人ではないという説が出るほどに、謎の多い人物であることが明らかになってきている。

 今回は太子の謎と予言に迫ってみよう。

■聖徳太子のミステリアスな生い立ち

 聖德太子は、用明天皇(ようめいてんのう)の第二皇子として生を受ける。宮中の馬小屋の前で生まれたため、厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていた。

 同じようにイエス・キリストも馬小屋で生まれている。実は、イエスと聖徳太子には類似点が多いのだ。2人とも不思議な能力を用いて人々を導き、様々な奇跡を起こした聖人であるという点。さらに、イエスはキリスト教の祖であり、太子は仏教を日本に広めた人物であるという点。そして、キリストは神の子にして救世主であり、聖徳太子は人々を世の苦しみから救う救世観世音菩薩の生まれ変わりであるといわれている。つまり、2人には「人類を救う」という共通の大きな使命があったのだ。


■伝説として語り継がれるエピソード

 聖徳太子の神秘的な力を伝える伝説は多い。

・生まれてすぐに言葉を発し、幼少の頃、すでに国内外の学問を修め、高僧の域に達した天才児だった
・1度に10人の話を聞くことができた
・馬に乗って空を飛び、富士山の頂上に登った

 など。

1024px-Shitennoji06s3200.jpg
画像は、四天王寺/Wikipediaより

 さらに、こんなエピソードもある。

 587年、神道を奉ずる物部氏と、仏教を奉ずる蘇我氏との武力闘争が激化。14歳の太子も蘇我軍に加わっていたが、戦いは物部氏の優勢だった。その時、太子は勝利を祈願し木の枝を4本削って髪に差し「これは四天王である!」と叫んだ。その瞬間、矢が総大将の物部守屋に当たって死んだ。これにより崇仏派の蘇我氏が勝利。その後、誓いを果たすため、太子は「四天王寺」を建立し、仏教を日本に広めていった。

 そしてさらに! 太子には未来を予言する力まであったというのだ――。

関連キーワード

コメント

10:匿名2016年8月21日 13:19 | 返信

聖徳カルトw
日本氏ね願望がよく表れた記事。
四天王寺ワッソとかww
TOCANAってやっぱり。。。

9:匿名2016年7月21日 21:06 | 返信

※7 いや普通に当時もう、交易ルートが陸も海もできてたっすけどね。

8:匿名2016年4月 9日 09:52 | 返信

不気味なお姉は、大使に失礼だと思う

7:匿名2015年10月 2日 10:34 | 返信

バスも飛行機も無い大昔は、故郷の人たちを救いたい一心で、坊さんたちは一生をささげたわけだ、相当な数にのぼるサンスクリットの経典をただ運ぶために。茶色いお馬さんだって、険しい雪山を超え砂漠を超えて、すっかり白髪の馬になっちゃったことだろう。今のように翻訳機も無いから、経典を翻訳する仕事もまた相当な時間がかかったと思う。だから仏経典を「白馬の経」と呼んでその功績を称えたと思うんだよね。そっから仏法も「白法」と呼ぶようになったんだろうね。

6:匿名2015年8月21日 19:13 | 返信

毎年恒例になりましたね。世界終末論。

5:匿名2015年6月11日 11:47 | 返信

白法というのは白人の文明ではなくて、仏の正しい教えのこと。
白法が沈むというのは、いわゆる末法のこと。
諸説はあるけど、鎌倉仏教が興隆した時代には
すでに末法に入っているという解釈だったよね。
ライターさんだって知ってることだろうにね。

4:匿名2015年6月 6日 02:10 | 返信

「 悪人は許さない ! 」っという正義の使者が現れる。

その者は各地に天罰を下し、悪人を幇助する者も罰する。

犯罪を幇助している害悪の「 テレビ局 」が罰せられ、在日朝鮮人の犯罪が、すべて公にされ、情報を持っていなかった、日本国民に真実が突き付けられ、首都圏を中心に騒然となる。

3:匿名2015年4月24日 20:15 | 返信

白紙(しらがみ)提出になる直前だったの?w

以前の記事「2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の予言 2013.04.28 日」での『聖徳太子「未来記」の秘予言―1996年世界の大乱 2000年の超変革、2017年日本は (プレイブックス)』(青春出版社)1991/9/15の五島勉さんから、今度は、聖徳太子秘文『未来記』開封―「親鸞・一遍・日蓮」に隠された亡国のタイムカプセル (5次元文庫) 文庫 2008/9/8の飛鳥昭雄さんへ乗り換え?w

『未然本紀』の原文ならネット上にあるから、ちゃんと独自に読解しな。これは西暦622年4月9日頃から1622年頃まで纏め上げ切っているという謎の手腕での大作だ。(しかも謎の小話も散在。)
(0)『皇太子未来記』ver1_00.doc

記事で扱われている元ネタとする『未来記』の方なら、親鸞・一遍・日蓮の実名を挙げて貶している時点で後世での偽作丸出しの大人げない見っとも無い方だな。w

2:匿名2015年4月24日 00:11 | 返信

適当な知識ではなく仏教について少し調べてから書かれては?
クバンダって増長天の眷属なんですが。

仏教においては善の性質を持つ存在ですが?

1:匿名2015年4月23日 21:54 | 返信

綺麗なおねぇさんのいうことは
信じる!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。