2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!

関連キーワード:

,

■聖徳太子の幻の予言

syotokku.jpg画像は、『聖徳太子秘文『未来記』開封』(徳間書店)

『日本書紀』にはこう記されている。

厩戸皇子、壯(そう)に及びて未然を知ろしめたもう(太子、これから起こることを予知する)

 つまり、太子が予言者であったということは、日本の正式な歴史書が証明しているといえるのだ。


 だが、予言の内容までは書かれていない。これは、太子の死後、時の権力者によって自身に都合の悪い部分をバッサリ削られたためだといわれているのだが…。では、聖徳太子が残した予言とは、どのようなものであったのだろうか?

 太子が記した『未来記』という予言書がある。だが、一般的には原本は存在していないといわれており、太子の予言は、歴史上の人物の伝承や古文書のなかにポツリポツリと現れる程度なのだ。

 しかし一部では、この幻の予言書『未来記』が四天王寺に保管されており、神通力のある4人の僧侶によって、最高の機密として守られてきたとも囁かれており、幻の予言書『未来記』を見た者がいるという話もあるのだ。


■幻の予言書を見た人物

  室町時代の軍記物語『太平記』には、1332年8月、四天王寺に参詣した武将・楠木正成が、老僧から秘蔵の「太子の予言書」を見せられ、その内容に驚いたと記されている。そこには、楠木率いる軍勢が勝利し、鎌倉幕府が倒れ、後醍醐天皇が復帰する旨が書かれていたのだ。それを見て、楠木正成は己の天命を悟り、実際に後醍醐天皇、足利尊氏や新田義貞らとともに鎌倉幕府を倒したのだった。

 ではそれ以外の予言もみていこう。


■聖徳太子が残した日本大混乱の予言

 太子は25歳の時、人類の終末とも言える重大な予言を残しているといわれているが、それ以外の予言がある。

・黒船・首都東京の予言

「私の死後二百年以内に、ひとりの聖皇がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を十回浴びても、それを越えて栄え、千年の間都として栄える。しかし一千年の時が満ちれば、黒龍(黒船)が来るため、都は東に移される」

 794年に桓武天皇により定められた「平安京」。約1,000年の永きに渡って日本の首都であったが、黒船の来航により明治維新が起こり、首都は東京へ移される。

自身の死

「私はまもなく死ぬし、子孫は一人も残らない」

 自らの悲劇的な運命も予言していた太子。病死とされているが、蘇我入鹿に暗殺されたとも言われており、太子の死後、蘇我軍に追い込まれた一族は「争ってはならぬ」という太子の遺言を守り、集団自決をしたそうだ。その悲劇のあった場所は、五重塔の近く。一説によると法隆寺は、一族もろとも残虐に滅ぼされた太子の怨霊を封じ込める場所だともいわれている。

・東京とクハンダの予言

「それから二百年過ぎた頃、クハンダが来るため、その東の都は親と七人の子どものように分かれるだろう……」

「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる悪鬼」のことだ。真っ黒な禍々しい存在で、肉体も精神も汚してしまう。「クハンダ」の正体は何であろうか? 隕石の来襲、核攻撃、火山爆発、原発事故による放射能汚染などいろいろと考えられる。

 その「クハンダ」の厄災により、首都は壊滅状態になるため、首都機能を8箇所にバラバラに分けるという意味だろう。では、それはいつ起きるのか? その謎を解く鍵が法隆寺にあるという。

関連キーワード

コメント

11:匿名 2018年2月7日 23:27 | 返信

すげ、ただの馬鹿?
てか、捏造?元朝日新聞記者

黒龍を無理やり黒船
都は徳川家康が江戸に置いたよね
それが、明治維新になるんだ(笑)

頭がよろしいようで

10:匿名 2016年8月21日 13:19 | 返信

聖徳カルトw
日本氏ね願望がよく表れた記事。
四天王寺ワッソとかww
TOCANAってやっぱり。。。

9:匿名 2016年7月21日 21:06 | 返信

※7 いや普通に当時もう、交易ルートが陸も海もできてたっすけどね。

8:匿名 2016年4月9日 09:52 | 返信

不気味なお姉は、大使に失礼だと思う

7:匿名 2015年10月2日 10:34 | 返信

バスも飛行機も無い大昔は、故郷の人たちを救いたい一心で、坊さんたちは一生をささげたわけだ、相当な数にのぼるサンスクリットの経典をただ運ぶために。茶色いお馬さんだって、険しい雪山を超え砂漠を超えて、すっかり白髪の馬になっちゃったことだろう。今のように翻訳機も無いから、経典を翻訳する仕事もまた相当な時間がかかったと思う。だから仏経典を「白馬の経」と呼んでその功績を称えたと思うんだよね。そっから仏法も「白法」と呼ぶようになったんだろうね。

6:匿名 2015年8月21日 19:13 | 返信

毎年恒例になりましたね。世界終末論。

5:匿名 2015年6月11日 11:47 | 返信

白法というのは白人の文明ではなくて、仏の正しい教えのこと。
白法が沈むというのは、いわゆる末法のこと。
諸説はあるけど、鎌倉仏教が興隆した時代には
すでに末法に入っているという解釈だったよね。
ライターさんだって知ってることだろうにね。

4:匿名 2015年6月6日 02:10 | 返信

「 悪人は許さない ! 」っという正義の使者が現れる。

その者は各地に天罰を下し、悪人を幇助する者も罰する。

犯罪を幇助している害悪の「 テレビ局 」が罰せられ、在日朝鮮人の犯罪が、すべて公にされ、情報を持っていなかった、日本国民に真実が突き付けられ、首都圏を中心に騒然となる。

3:匿名 2015年4月24日 20:15 | 返信

白紙(しらがみ)提出になる直前だったの?w

以前の記事「2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の予言 2013.04.28 日」での『聖徳太子「未来記」の秘予言―1996年世界の大乱 2000年の超変革、2017年日本は (プレイブックス)』(青春出版社)1991/9/15の五島勉さんから、今度は、聖徳太子秘文『未来記』開封―「親鸞・一遍・日蓮」に隠された亡国のタイムカプセル (5次元文庫) 文庫 2008/9/8の飛鳥昭雄さんへ乗り換え?w

『未然本紀』の原文ならネット上にあるから、ちゃんと独自に読解しな。これは西暦622年4月9日頃から1622年頃まで纏め上げ切っているという謎の手腕での大作だ。(しかも謎の小話も散在。)
(0)『皇太子未来記』ver1_00.doc

記事で扱われている元ネタとする『未来記』の方なら、親鸞・一遍・日蓮の実名を挙げて貶している時点で後世での偽作丸出しの大人げない見っとも無い方だな。w

2:匿名 2015年4月24日 00:11 | 返信

適当な知識ではなく仏教について少し調べてから書かれては?
クバンダって増長天の眷属なんですが。

仏教においては善の性質を持つ存在ですが?

1:匿名 2015年4月23日 21:54 | 返信

綺麗なおねぇさんのいうことは
信じる!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。