>  >  > スキニージーンズをはくと太る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 各国セレブの愛好者をはじめ、女性らしいセクシーさをアピールするかたちが人気のスキニージーンズ。ファッションリーダーとして注目を集めるキャサリン妃もつい先日、産後すぐとは思えないスリムな体型が強調されたスキニージーンズ姿の写真を発表したばかりだ。だが、そんなスキニージーンズに医療専門家からイエローカードが出ているのだ。


■締まりのない下半身になり結果的に太る

skinnyjeans2.JPG
画像は「ODN」より

 ロンドンの理学療法士のサミー・マーゴ氏は、以前流行したレギンス同様、スキニージーンズはその細身の外見とは裏腹に、着用する人の肥満を助長し、健康を害する危険性があると指摘。タイトなジーンズは身体をよりスマートに見せてくれる気がするが「それはまったくの幻想だ」と手厳しい。

 スキニータイプのパンツは胃や臀部、膝や足首などを長時間締めつけてしまうものであり、本来それぞれの筋肉がなすべき働きを阻止。働く必要がなくなった筋肉は常にリラックスした状態になり、締まりのない下半身になって結果的に太りやすくなるというのだ。

 そして、スキニーを履いたまま頻繁にしゃがんだり、長時間屈みこんでいる場合は特に、「コンパートメント症候群(筋肉が腫れ上がり足への血液供給量が減り、身体へ深刻なダメージを与える)」の危険性が高まるとも。

「座ったままで長時間仕事を行う人は、意識して立ち上がったり、動いたりしましょう。1日中履きっぱなしでいると膝付近で血液が滞って循環しないため、非常に危険です」(サミー・マーゴ氏)

 また、スキニーを履いたまま長時間座っていると太腿の筋肉を締めつけて麻痺や痛みを生じさせ(太腿痛の知覚異常)、腹部の不快感や腹痛を引き起こすリスクもあるということだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。