>  > 死刑囚・八木茂の「クロ」は真実か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

八木茂

,

本庄保険金殺人

,

死刑囚

,

片岡健

bengodan0824.JPG
東京高裁の決定を受け、会見する弁護団(東京・霞が関の司法記者クラブ)。前列中央が松山弁護士。

「再審開始の旗を用意していたが、使えませんでした。ただちに特別抗告します」

 去る7月31日、東京・霞が関の司法記者クラブの会見場。「本庄保険金殺人事件」八木茂死刑囚(65)の弁護人、松山馨弁護士は悲痛な面持ちでそう言った。同席した他の弁護人たちも怒りと落胆が入り混じった表情で、場の空気を重たくさせていた。

 一貫して無実を訴えている八木死刑囚が申し立てた再審請求の即時抗告審で、東京高裁(村瀬均裁判長)はこの日、再審を開始しない決定を下した。


■八木死刑囚は「無罪」? 弁護側の主張

 最大の争点は、1995年に川で遺体が見つかった被害者の元工員、佐藤修一氏(当時45)の「死因」だった。確定判決では、八木死刑囚は3人の愛人女性と共謀し、トリカブト入りのあんパンで佐藤氏を「毒殺」したうえ、遺体を川に流し、自殺を偽装したとされている。弁護側はこれに対し、佐藤氏は川で自殺したのだと主張。それを裏づける新証拠として、佐藤氏の死因が「溺死」だとする2人の法医学者の鑑定書を提出していた。

yagi0824-2.JPG
埼玉県行田市にある利根川の導水路の取水口。佐藤氏の遺体はこのあたりで見つかった

 さらに東京高裁が直々に実施した別の法医学者による死因鑑定でも、佐藤氏は「毒殺」ではなく「溺死」だと判定されていた。この経緯から弁護側は再審開始を確信していたため、今回の決定にショックを隠せなかったのだ。

「東京高裁の決定は、専門家(法医学者)が慎重な準備、検討のうえで出した結論に対し、素人(裁判官)が疑問を指摘しただけ。疑問があれば、専門家の証人尋問をすればいいのに、それもしていない。不当だと言わざるをえません」(松山弁護士)

 もっとも、こうした事実経過を伝えても、八木死刑囚は無罪だという弁護側の主張にピンとこない人が世間の大半だろう。捜査段階に大々的な犯人視報道が展開されたせいで、八木死刑囚の世間的なイメージは今も「真っ黒」だからだ。

 しかし事実関係を検証してみると、この事件の実相は報道とずいぶん異なっているのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。