• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 昔の絵画は当時の風習や文化、人々の様子を窺い知ることができる貴重な資料である――。現代に暮らす我々にとっては、感心したり驚いたりすることばかりだが、最近は17世紀のルネッサンス時代に描かれたとされる、1枚の絵画が人々の注目を集めているという。


■今は亡き1600年代のスイカが絵画に

giovannistanchi1.JPG
画像は「Kottke」より

 1600年代に活躍したイタリア人画家ジョバンニ・スタンキ(Giovanni Stnchi)によって描かれた果物の数々。桃や西洋梨に交じり、何やらひとつ正体不明の謎の食べ物がある。

 実はこれは当時のスイカなのである。そう聞けば「なるほど」と言う気もするが、なにやらちょっと不気味で不思議な様子だ。

 米・ウィスコンシン大学の園芸学者であるジェームズ・ニンハウシュ教授によると、果物や野菜は我々人間の好みに合う様に、時代と共に品種改良が進んでいった背景があり、野菜の品種を数百年も保存することは困難であることから、こういった当時の姿に触れることは非常に参考になるという。教授は、スタンキの絵画をしばしば授業にも取り入れているそうだ。

 ちなみにジョバンニ・スタンキは日本ではあまり馴染みのない画家であるが、17世紀イタリアの自然主義の画家で、果物と花のコンビネーションを題材として良く描いていたという。今回の絵は98cm×133.5cmの大きさのもので、去年1月に行われたクリスティーズ(サザビーズと並ぶ世界最大規模の)オークションでは、スタンキの同サイズのもう一つの絵画とセットで12万5,000ドル(約1,560万円)で落札されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。