>  >  > ホーキング博士「ブラックホールから抜け出す方法がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 人類の火星進出後にはきっと多くの人が体験することになる宇宙旅行だが、その際に気になるもののひとつがブラックホールの存在だ。宇宙のあらゆるものを飲み込むブラックホールだが、もしここに落ちたら一巻の終りなのだろうか……。だが、安心してもいいのかもしれない。ホーキング博士は先頃、「出られる方法がある」と発言したのだ。


■ブラックホールに飲み込まれた情報は戻ってこれる

eventhorizon1.JPG
スティーヴン・ホーキング博士 画像は「Wikipedia」より

「もしブラックホールに落ちてしまったと感じても、命を諦めてはいけない」と、8月25日にストックホルムのスウェーデン王立工科大学(KTH)で行なわれた講演会で語ったのは「車椅子の物理学者」ことスティーヴン・ホーキング博士だ。つまり、宇宙旅行の途中にもしブラックホールに落ちてしまってもまだ“希望”は残っているということだ。

 話を整理するために、ここでいったん1970年代まで遡ることになる……。宇宙空間に存在する極めて高密度かつ大質量であるブラックホールは、その重力があまりにも強力なため付近のあらゆるもの飲み込み、光でさえも引き寄せるという「宇宙の墓場」だ。一般的な物理学に基づけばひとたびブラックホールに吸い込まれてしまった物質や情報は、海ならぬ宇宙の“藻屑”として跡形もなく消滅してしまうとこれまで考えられてきた。

 ホーキング博士自身、1974年に「ホーキング輻射」という概念を持ち出し「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論を発表している。つまりブラックホールに落ちてしまった以上、最終的にはきれいさっぱり消えてなくなるということだ。

 しかしその後台頭してきた量子力学の観点では「情報は無くなりもしなければ作られることもない」はずであり、ホーキング博士らの理論に疑問が投げかけられることになる。「ブラックホール情報パラドックス」と呼ばれることになったこの矛盾を解決すべく、以来、数々の理論物理学者たちがこの難問に挑んでいる。

 そして昨年、ホーキング博士は自説を修正・発展させている。昨年1月に発表した短い論文によればブラックホールは決して“暗黒の墓場”ではなく、飲み込まれた物質とエネルギーと情報は事象の地平面(event horizon)に一定期間とどまり続け、ブラックホールの寿命が尽きた後に再び宇宙に戻ってくるということだ。吸い込まれた光もまた抜け出すことができるというとで、この理論によって「ブラックホール情報パラドックス」の矛盾は解決するというのだ。そして今回、ホーキング氏のこの新理論の詳細がさらに紐解かれることになったのだ。


■「ブラックホールは別の宇宙へ通じている可能性がある」

eventhorizon2.JPG
画像は「Wikipedia」より

 講演でまずホーキング博士は、ブラックホールに吸い込まれた情報は内部に貯め込まれるのではなくて、境界上にある事象の地平面(event horizon)の上に投げ出されると説明している。事象の地平面とは物理学や相対性理論の概念で、これ以上先に進むと観測不可能になるギリギリの境界面のことである。

 ホーキング博士によればもしブラックホールに落ちた場合、我々はこの境界面に2次元のホログラムに姿を変えて貼りついて保存されるというのだ。そしてこの過程で一部の情報が「ホーキング輻射」としてブラックホールの外へ漏れ出てくるという。しかしこれによって出てきた情報はもはや再構成が不可能なほどバラバラに分解されているので、事実上は情報が失われてしまったも同然ということだ。

 しかしここまでの話は昨年発表した論文のおさらいのようなものではあるが、問題はここから先だ……。

 では「ホーキング輻射」では出てこなかった情報、つまり事象の地平面でホログラムになった情報は最終的にどうなるのか? なんと

 ブラックホールの境界面でとどまっていた情報は、まったく別の世界、つまり“パラレルワールド”へ送られる

 というのである。

「これまで顧みられることのなかったブラックホールの別の“履歴”の存在が、この考えを可能にします」とホーキング博士は語る。一般の者にとってただでさえ不可解なブラックホールはさらにミステリアスな要素を備えていたことになる。

「もし、ブラックホールが広大な宇宙を周回していたとすれば、別の宇宙へ通じている可能性があるのです」と示唆するホーキング博士だが、続けて残念な指摘も行なっている。「しかし(いったんブラックホールに落ちると)あなたはこの世界に戻ってくることはできないでしょう。私は宇宙旅行の物語が大好きですが、これがあるので自分では行きたくないですね」。つまり、ブラックホールから生還できたとしてもそこは以前までいた世界ではなく、平行して存在している“パラレルワールド”に不時着することになるのだ。

 とはいえ、ブラックホールに落下することが死に直結しないというのは、これまで恐怖しか湧かなかったブラックホールのイメージを変えるかもしれない。事実、ホーキング博士も「ブラックホールはこれまで考えられていたほど“暗黒”な存在ではなかったのです」と演説を結んでいるのだ。

 ブラックホールに落ちても、パラレルワールドで“第2の人生”が待っているとすれば、宇宙旅行の不安が大きく和らぐだろう。もちろん現世に未練は残るかも知れないが、新たな世界で“人生をやり直したい”と望んでいる人にとってはむしろ好都合だったりして!?
(文=仲田しんじ)

ホーキング博士の講演の模様 動画は「KTH Royal Institute of Technology」より

参考:「Daily Mail」、「Washington Post」ほか

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメント

5:匿名2016年4月16日 02:12 | 返信

でもパラレルワールドが反物質世界だったり重力や電磁気力の関係がこの世界と違ったら?
密度も違うだろうし、何よりファイアーウォールだったら終わるからねw

4:匿名2015年9月29日 23:28 | 返信

落ちてみたいな

3:匿名2015年9月20日 11:34 | 返信

物質の量子レベルの情報が保存されるという話。ブラックホールのような強力な潮汐力を持つ天体に近づくと、人間はあっという間にストロー状に引き伸ばされて絶命する。しかも死体は素粒子レベルまでバラバラに引きちぎられる。そんな状態で平行世界へ移動したところで、人間にとって何の意味もない。死んだら終わりである。

2:匿名2015年9月20日 07:31 | 返信

映画インターステラーみたいな話だな

1:匿名2015年9月19日 20:46 | 返信

いずれ時がたてば様々なパラレルワールドを行き来できる物が開発されるだろう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。